FX手数料
Category | 検察審査会

検察審査会は憲法違反!!

12/16
検察審査会の強制起訴による小沢一郎氏の裁判が行われていますが、この検察審査会の議決自体が無効かもしれないということですから驚きです。
これまで騒がれてきたような検察審査会の1回目と2回目の議決にかかわった審査員の平均年齢が一致したので、審査員の選定に不正があったのではないかというものではなく、検察審査会自体が憲法違反の組織であるというのです。


これを知ったきっかけは、前回の記事でご紹介した 「一市民が斬る!!」 というブログですが、その情報源は、参議院議員 森ゆうこ氏のブログようです。

ご存知のように検察審査会は2009年5月の法改正施行で、"起訴議決"という行政権を行使するようになったのですが、そうすると、憲法の条文により、検察審査会は行政府のどこかに属さなければならないことになります。
ところが、検察審査会法に、検察審査会は裁判所の「所在地」におくとあるだけで、どこが所轄なのか、国家行政組織法など他の法律の何処にも記載がないということなのです。
三権のどこにも属しておらず、その権限行使については、どこからもチェックされなことになっているのです。


ブログ 「一市民が斬る!!」 に憲法の条文とともにわかりやすくまとめてあるので、そのまま掲載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ 「一市民が斬る!!」 より

<検察審査会が立法・行政・司法の三権のどこにも属さない独立組織というなら、それは憲法違反>

森ゆうこ議員の昨年11月27日のブログを読んで頂きたい。
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2010/11/post-b2d3.html

検察審査会は09年5月の法改正施行で、"起訴議決"という行政権を行使するようになった。
そうなると、以下の憲法の条文により、検察審査会は行政府のどこかに属さなければならないはずだ。
日本国憲法
第65条 行政権は、内閣に属する。
第66条 
1 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
2 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
3 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。
検察検査会の強制起訴による小沢一郎氏の裁判が行われていますが、
2010年11月26日参議院予算委員会で、森ゆうこ議員が「検察審査会は憲法違反」と、仙石由人法務大臣を追及している。
参議院予算委員会議事録ページ6.pdf 
参議院予算委員会議事録ページ7.pdf 
法務大臣は、"検察審査会は独立した行政機関と理解している"と発言したが、憲法違反については、ムニャムニャ回答。
"独立した行政機関"ということになると、森ゆうこ議員の言われる通り、憲法違反であるから、その議決は無効だ。

ところで、検察審査会は、本当に三権のどこにも属さない独立の組織なのだろうか?

検察審査会のなぞを解明せよ
http://my-dream.air-nifty.com/siryou/files/110209haifusiryou.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記で紹介されている参議院予算委員会議事録に、森ゆうこ議員と当時の仙石由人法務大臣との質疑応答が掲載されています。

次の図解をご覧いただくとわかりやすいです。
http://my-dream.air-nifty.com/siryou/files/20110630185131.pdf


仙石氏は、検察審査会の行政権の行使は認めるものの、行政機関としての法律的な位置づけ、所轄については、「独立した機関」というだけで曖昧な答弁をしています。
森ゆうこ議員の追及に、仙石氏はあれこれ引き合いに出し長ったらしく応えてはいるのですが、質問に対する答えにはなっていません。
最後は、仙石氏も「内閣法制局が、これは吟味してこの法案が通ったということでありますから、当然、この刑事司法の過程で、憲法違反を理由にして争うことは出来るだろうと思います。」と応えています。


 民主国家における裁判の要諦は、適法な手続き(due process of law)です。
正しい裁判であるかどうかは、その手続きにあるのです。
たとえ、犯行の事実が証明されたとしても、途中の手続きにおいて少しでも違法なものがあれば無効となるのです。
ということは、憲法違反の検察審査会が行った強制起訴の議決は無効であり、裁判自体、意味のないものとなるのです。


 近代民主国家における裁判では適法な手続きがいかに重要であるかという裁判の大原則について、小室直樹氏の「日本国民に告ぐ」 「田中角栄の遺言」に詳しく記されています。
内閣法制局の方には必読の本です。


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

          

          
                        『田中角栄の遺言』の復刊 
banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
スポンサーサイト

最高裁は偽装がお好き!!

08/24
前回の記事では、森ゆうこ氏の著書 「検察の罠」をご紹介しました。
この本の中で特に力を入れて書かれていることのひとつが、小沢一郎氏に対して二度の起訴相当議決をした東京第五検察審査会に関することです。
検察審査会が信用できない組織であるということは、小沢氏の件で騒がれる以前から私も痛感していますので、このことについて、もうちょっと触れておこうと思います。


審査員の平均年齢が何度も訂正されたことについては、みなさんも既にご存知かと思いますが、そのほかにもおかしなことがたくさんあるようです。
東京第五検察審査会の2回目の起訴相当議決に関してで述べられている事実を簡単にまとめてみます。


① 2回目の起訴相当議決をした審査員の平均年齢の発表が何度も変わった。
1回目の発表 30,9 歳
2回目の発表 33,91歳(11人の審査員の年齢を足し合わせて1で割るべきところを、一人分を足し忘れたので訂正。)
3回目の発表 34,55歳(年齢をカウントする基準日が変わったので訂正。)

※ 3回目の発表の34,55歳は、1回目の起訴相当議決を出したまったく別のメンバーの11人の審査員の平均年齢と小数点第2位まで全く同じである。

② 審査会の開催状況を事件ごとに最高裁に報告する「審査事件票」というものがあるが、最高裁は2回目の起訴議決をした審査事件票を隠蔽しようとした。

③ 9月14日に急きょ議決が行われたため、議決書があらかじめ用意されておらず、議決書に署名するために、10月4日にもう1日開催された。

④ 9月14日と同じメンバーが署名しなければ議決は無効になるため、補充員の選出で不正な操作が行われた疑いがある。
※ 違法な手続きによる議決なので無効ではないか。

⑤ 審査員を選定するための「くじ引きソフト」は、候補予定者名簿を作る段階で恣意的な操作が可能である。(しかも、このイカサマソフトに6000万円以上が投じられている。)

⑥ 審査補助員を務めた弁護士の日当の請求書の日付が、9月14日でも10月4日でもない9月28日になっていて、弁護士はこの日に出頭したと考えられる。

⑦ 起訴議決の前には、捜査を担当した検察官から説明を受けることになっているが、その検察官が出頭した日も補助員の弁護士が出頭した9月28日になっている。
※ ということは、議決前に説明が行われていないことになり、違法な手続きによる議決なので無効ではないか。

これらを総合して考えると、“2回目の起訴議決の判断をしたとされる検察審査員は、本当に存在したのだろうか?” “ 審査会は本当に開かれたのだろうか?”という疑問が生じます。

仙台高裁の裁判官ら(大橋弘裁判長、鈴木桂子裁判官、岡田伸太裁判官)による虚偽有印公文書作成等の私の事件については、控訴人である私の主張の中から、控訴棄却の判決の趣旨に合致するように、行政関与の記述を完全に削除してデタラメに要約されたものを控訴人の主張であるとして判決理由にされました。ですから、一般人から選ばれた検察審査員でも、控訴理由書と判決書を読み比べれば犯罪性が認識できるはずです。
検察は不起訴にしても、一般の人々から選ばれた審査員は、公正な判断をしてくれるはずという淡い期待を抱いていたのですが、仙台検察審査会は不起訴処分相当の議決をしました。
審査申立書 意見書 仙台検察審査会御中
“速報” 裁判官に対する「不起訴処分相当」の議決書が届きました!
しかも議決書には、議決をした審査員の氏名も議決の理由も書かれていません。まったくのブラックボックスなのです。
ですから、実際に審査員による議決が行われたのかどうかについては、かねがね疑いを持っていました。


検察審査会は、事務局は地裁の職員が担当しており、最高裁の管轄になっています。
検察審査会って裁判所の中にあるけど、本当に大丈夫なの?


 この最高裁の管轄というところがポイントです。

裁判を不審に思い調べていくうちにわかった事実、告訴するたびボロを出す検察。
それらから確信できたことは、次のことです。


① 国家賠償訴訟が、裁判所と法務局双方の不正のもとに行われており、制度として機能していないということ。
② 「上告不受理」「却下」になるケースについては、実際に最高裁で審理が行われておらず、訴訟費用だけが騙し取られている疑いが濃厚であること。
③ 最高裁が司法の最高機関として表の顔を持つ一方で、不正な制度を維持するために非合法な組織と通じていて、不正裁判の実態を伝えている当ブログに対する破廉恥で低俗な妨害行為に関与していたと考えられること。


 これらの不正には、すべて最高裁がかかわっています。

次の動画をご覧ください。
参議院決算委員会での森ゆうこ議員の質問です。
最高裁の公共調達の落札率が100%に近いこと、経理処理に日付のない見積書・納品書・請求書が使われていること、検察審査員の生年月日を公開できないのはおかしいことなどを追及しています。




動画を見る時間がない方、手早く内容を知りたい方は、次のサイトでも紹介していますので、是非、ご覧ください。

「国民の生活が第一」森ゆうこ議員、参議院決算委員会で巧妙・有効な質問で検察審査会の不正を追求

7月31日 森ゆうこ議員、参院決算委で追及!「審査員生年月日開示せよ」に最高裁回答できず!


森ゆうこ議員は、書類があったからといって、適正な取引や会計処理が行われていたとは限らないということを指摘しています。
これは、上告詐欺、国家賠償詐欺にも共通して言えることで、公正な裁判を行っていますよという見せ掛けだけで、上告したからといって実際に最高裁で審理が行われているとは限りませんし、国家賠償制度にしても、裁判所や被告代理人の法務局が不正をしてまで原告の大部分が敗訴させるように仕組まれている、まったくインチキな制度なのです。


 この動画を見て、最高裁は、偽装を得意分野とする悪党集団ではないかということを改めて確信しました。

       

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング