FX手数料
Category | メール

送信途中でメールの内容がチェックされているかも!

07/29

ブログを読んでくださっている方からよくメールをいただいたりするのですが、その返信をしようとするときや、裁判関連のメールを送信しようとするときに送信がうまくいかないことがしばしばあります。
また、イノシシさんとは、今年になってから、裁判や郵便のことでよくメールを交わしていますが、こちらもうまくいかないことが多いのです。
日常の一般的なメールは大丈夫なのですが・・・・


送信ができた時、できない時で何が違うのか考えてみたところ、どうもタイトルに郵便関連や裁判関連のキーワードが含まれていたりすると送信できないことが多いようです。

 そのようなわけで、メールが監視されているのではないかという疑いは、かなり以前からもっていたのですが、さらに、つい先日、ぞっとするような出来事がありました。

ブログの記事に関しては、情報の正確性を心掛けていますので、郵便に関するあることを、そのスペシャリストともいうべきイノシシさんに問い合わせ(パソコンメールではありません。)、その返信のメールを私のパソコンに送っていただいた時のことです。

イノシシさんが、私の問い合わせに対する返答として郵便に関することを書いたメールを送信してくださったのですが、私が受信したメールはタイトルのみが書かれており、中身は白紙だったのです
タイトルについては上述のようなことがありましたので、メールの内容とは無関係なタイトルでの送受信をしていました。
ちなみに、そのメールの中身には、日本郵便のホームページにあるURLが貼り付けてありました。
イノシシさんに連絡し、何度かメールを送信しなおしていただきましたが、同様に、タイトルのみで中身が白紙でした。


それで、イノシシさんが、同じタイトルで、メールの内容を日常の一般的なことに変えて送信してみたところ、驚いたことには、今度はメールの中身もしっかり受信できました

 どう考えても、送信途中でメールの中身がチェックされているのではないかという疑いが持たれます。

イノシシさんが、いろいろ試してみて気がついたことですが、送信側のイノシシさんも受信側の私も、白紙メールを右クリックして“送信者へ返信”を選択するとメール内容が表示されました。

 トラブルの様子から、どうもフィルタリングされている可能性が高いです。

質問サイトで、詳しい方が回答してくださったのですが、会社のメールであれば、社外に出るところのメールサーバで、メールの内容や添付ファイルの中をチェックして、不適切な部分(例えば社外秘情報) を削除して送信したりできるそうなので、そのようなことは十分ありえるということでした。
メールをフィルタリングする条件は、たとえば、件名や本文に含まれるキーワードや添付ファイルの種類や数、指定されているあて先のアドレスやその数など、さまざまな条件を指定できるそうです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051013/222696/

http://www.keyman.or.jp/3w/prd/06/30003206/

に書かれているようなメールフィルタリング用のソフトを使えば容易にできるそうです。

プロバイダのメールであれば普通はこのようなことはないようなのですが・・・・
イノシシさんも私も、一般的なプロバイダを利用していますが、妨害する相手の権限を考えれば十分可能なことかもしれません。


上記のサイトに掲載されていたことですが、フィルタリングより怖ろしいと思ったのは、メール・アーカイブです。
メール・アーカイブとは、メール・サーバーが中継するすべての電子メールについて、その本文や添付ファイルなどをすべて保存する機能のことです。
フィルタリング製品のほとんどが、送受信したメールを保存するアーカイブ機能を備えていて、メールを検査すると同時に、本文や添付ファイルなどを保存するそうです。


 イノシシさんや私のメールがどこかに保存されているかも
ホントに怖ろしいことです。


 個人のメールが、国家によりチェックされたり妨害されたりしているとしたら、日本が真の民主国家ではないことは明らかであり、民主化の遅れている中国や北朝鮮となんら変わりはないのです。


スポンサーサイト

政府によるネット情報収集 日本だってやっているはず!!

06/18
CIAの元職員が、米政府が一般市民の通話履歴やインターネット上の個人情報をひそかに収集していると暴露したことで、元職員の功罪について世界中で議論がが巻き起こっていますが、このニュースを聞いたとき、私はさほど驚きはしませんでした。
といいますのも、これまでも、メールやネットが監視されているのではないかという兆候が何度かあったからです。
私のような一市民でさえ、そのような目に合っているのですから、何を今更という思いでいます。


以前、メールのタイトルや本文に、裁判関係や郵便関係のキーワードや特定のURLなどが含まれていると、送受信が上手くいかなかったり、白紙のメールが届いたりすることがありました。
不思議なことに、近況報告のような普通の内容のメールに変更して送信し直すと問題なく送信できたり、白紙メールの返信画面を表示させると、消されているはずの本文が表示されました。


このような現象は、フィルタリングされている可能性が高いようです。
会社のメールであれば、社外に出るところのメールサーバで、メールの内容や添付ファイルの中をチェックして、社外秘情報などの不適切な部分を削除して送信できます。
フィルタリングする条件は、件名や本文に含まれるキーワードや添付ファイルの種類や数、指定されているあて先のアドレスやその数など、さまざまな条件を指定でき、メールフィルタリング用のソフトを使えば容易にできるそうです。


このようなことが行われているとすれば、自由な情報交換や意見交換に対する妨害行為です。
これは、だいぶ前にあったことなのですが、最近でも不可解なことがありました。

まずは、ブログですが、記事を更新した途端にアクセスが増えだすのは通常よくある現象ですが、ある記事については、前日に大まかに下書きに入力しておいて、翌日に手直しを加えて公開したのですが、公開する前の下書きに保存した時点からやたらとアクセスが増え出すようなことがありました。

ちなみに、その記事というのは、インターネットの接続の不調と不審な警察車両について書いた次の記事です。
不可解な出来事 2


公開されていない情報を、ひそかに監視しているとしか思えません。

さらに、おかしいことは続きます。

裁判や検察批判は、当ブログのメインテーマでもあり、そのような記事をアップすると、必ずってよいほど法務省や最高裁からアクセスがあります。
先日、そのことを知人にメールで知らせたところ、法務省や最高裁と特定できるようなアクセスは、ピタリと途絶えてしまったのです。
どう考えても、メールそのものが監視されているとしか思えません。


以前、最高裁の郵便がおかしいということを盛んにブログに書いていたころ、ブログの記事がいかがわしいサイトにコピペされるという事件が起こりました。
犯行が仙台市内の郵政のパソコンから行われていたことを突き止めましたが、この事件には、警察と最高裁の関与が強く疑われます。
郵政が犯人だって、思いっきりバレテしまいましたね!
もしかしたら、記事を削除させるための策略かも?
警察の動きと奇妙に一致する隠蔽工作のタイミング!

私のブログのほかにも、多くの政治系のブログが同じ被害にあっていました。
きっと、政府批判のブログやブロガーのあぶり出しや妨害が目的ではないかと思います。
仙台地検に刑事告訴しましたが、検察は早々と犯人不詳で不起訴とし、両罰規定による郵政の処分については未だに無視を貫いています。


これらの事件に共通して登場するのが、警察・最高裁・郵政・法務省であり、ネット妨害・ネット監視の首謀者ではないかと考えられるのが、これらの機関なのです。

 情報収集の目的が、テロを未然に含むためというならともかく、国家権力による不正を隠蔽するために、真実の情報を発信しているブログやブロガーに対する妨害行為等を目的として個人情報を収集しているとしたら、ネット監視の正当性は認められません。

 国連の拷問禁止委員会で、「日本の刑事司法は『中世』だ。日本の刑事手続を国際水準に合わせる必要がある。」とアフリカ人に非難されたということを紹介しているこちらのサイト、是非、ご覧下さい。
日本の刑事司法は『中世』か


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング