FX手数料

サイバー警察が変です! いったい、誰の見方なの?

02/28
不正裁判と郵便の続きをお伝えする予定でしたが、変更します。

先週の22日に、ブログがいかがわしいサイトにコピペされている件の告訴状を提出しに警察に行ったのですが、その後、どうも警察の様子がおかしいのです。

そもそも、この件については、昨年11月末に警察に相談していたもので、犯人のIPアドレスを特定し公表してからは、新規にコピペされることはなくなったものの、すでにコピペされている記事は、現在も、いかがわしいサイトのキャッシュに保存されたままです。
悪質ですし、このようなことを許しておくわけにはいきませんので、告訴をすることにしました。


それで、先々週、これまで事件を担当していた福島県警本部のサイバー犯罪対策課(or 室?)に、刑事告訴することを伝えたところ、告訴状の提出先は警視庁か宮城県警になるので、告訴状に不備があったりした場合に遠くで大変なので、いわき中央警察署が窓口になって対応するということになったのです。
それで、22日に告訴状を提出しに行ったのですが、内容を検討してから受理するということで、コピーだけとられて、原本は持ち帰りました。
そこまでは、特に不審な点はなかったのですが・・・


 提出の翌々日の24日、それまで対応していたサイバー犯罪担当のSさんの上司に当たるNさんという方から電話をいただいたのですが、この電話が実に不可解だったのです。

いくつか私に確認を取りたいということで、Nさんの質問に私が答える形になりました。
主な “Q(Nさん)& A(私)”は、次のとおりです。


Q1 告訴状の提出先が「仙台中央警察署」になっているが、○○さん(私)の方から、直接そちらの警察署に提出したりはしませんか?
 提出先がどこになるかハッキリしないので、とりあえず仙台中央警察署にしていたまでのことで、警察の方に確認してから提出します。

Q2 いかがわしいサイトを削除できるかもしれないが、それでも刑事告訴しますか?
ここを削除をしても、別なところで同じようにされる可能性はあります。
 (この質問には、全く驚きましたね
はっ、私、11月30日に、すでに警察に相談しているんですよ。それにもかかわらず、ブログが次々とコピーされ、全く何も改善されないから、自分で手間ひまかけて犯人探ししたんですよ。それで、IPアドレスを公表することで、やっと新たなコピーもとまりましたし・・・
犯人が、すでにわかってたんじゃないですか。


Q3 (犯人が)郵政ではなく個人であっても刑事告訴しますか?
 もちろんです。一度や二度の個人的なイタズラでしたら、許せないこともありませんが、やり方が悪質ですから。

そして、最後にNさんは、次のような趣旨のことをおっしゃいました。
「IPアドレス違いますよ。こちらから説明したいことがありますので、来週か再来週あたり警察署に来ていただけますか。」
その時は、深く考えずに「はい、いいですよ。」と答えたのですが、よく考えれば、これも変な話です。

だいたい、仮に、IPアドレスが違っていたり、私の見当違いで犯人が郵政ではないとしても、私の領分じゃないのです。
警察の相談したにもかかわらず、一向に何もよくならないから、私が警察に代わって犯人捜しをしたまでのことで、本来は、捜査権のある警察がすべきことなのです。
刑事告訴とは、被害者が犯罪の事実を捜査機関に申告し、その処罰を求める意思表示なわけですから、たとえ私の犯人の見立てが違っていたとしても、そのことを問題にして告訴状を受理するかどうかを検討するというのは、全くの筋違いなのです。

犯人を特定しなければ刑事告訴ができないなんて法律は、どこにもないのですから。

この電話をいただいたのが夕方でしたので、翌日の午前、さっそく電話し、そのことをしっかりとNさんに申し上げておきました。
Nさんは、一刻も早く私の電話を切りたがってるご様子でしたが・・・・
犯人が違うというのであれば、「被告訴人不詳」で刑事告訴しますということも伝えておきました。


 なぜ、このような不可解な電話が、サイバー犯罪の責任者からかかってきたのか
私の推測ですが、理由は2つあると思います。

以前、警察の方から、私と同じようにコピペされているブログがたくさんあるということを聞いたので、ついでに調べてみました。
上位100ぐらいを調べたのですが、どれも私と同じいかがわしい画像が表示され、20ぐらいのブログの中から、繰り返しコピペされているようです。
ほとんどが大物ブロガーの方のブログで、その中に私のブログが含まれていること自体、場違いな感じもするのですが・・・
ほとんどが政治系のブログで、保守・革新などの系統はバラバラですが、調べた中に、私の記事のコピペに紛れ込んでいた「荷物(日本郵便)」の記事ように、ウィキペディアの「発電所」という記事を見つけました。
この記事に、ほぼ合致する編集をしたパソコンのIPアドレスを突き止めたところ、これも公共機関の所有しているパソコンのようです。


 察するところ、このいかがわしいサイトは、政府系などの公共機関が、都合が悪いブログを排除したり、ダメージを与えるために利用しているのではないでしょうか。

それを、警察は、すでに知っていて、見て見ぬふりをしたいたのでは・・・
何しろ、政府系の機関がこんなことをしているなんてことがばれたら、国家の威信にかかわることですから。


そういえば、福島県警サイバー犯罪対策課に私の相談が伝えられた昨年12月1日の夕方、ブログに最高裁からのアクセスが複数回ありましたし、また、別の時は郵政からアクセスが何度もありました。
何かを伝えるたび、その関係機関からアクセスがあるのは、そのためかもしれません。


以上が一つ目の理由です。

 もうひとつは、福島県警サイバー犯罪対策課の対応のミスを隠そうとしているためではないかと思うのです。

まさか、私に犯人の特定ができるはずがないと高をくくっていた警察が、国家の威信のためにも、私が司法批判の記事を削除することを期待し、何の手立てもせずに放っておいたところ、犯人を特定され、客観的な証拠とともに告訴状まで提出されたものですから、こんなことになるのなら、初めからいかがわしいサイトを削除しておくんだった~”と後悔しているんじゃないでしょうかね。
それが、Q2の質問に表れていると思うのです。


告訴状(そのうち公開します。)には、告訴に至った経緯を詳細に記していますし、国民の福祉より国家の威信を守ることのほうが大切な警察が、国家の威信を守るためにと思ってしたことが裏目に出てしまったわけですから、福島県警の失敗とも言えることが記載されている告訴状が、警視庁や宮城県警に送られたりしたら、面子丸つぶれになりますからね。
それが、Q1の質問に表れているのではないかと思います。


 Nさんの質問内容から、あれこれ洞察してみました。
 ちょっと楽しい頭の体操になりました。
banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へFC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Comment
変な現象
先日に知ったのですが 投稿に使ったPCには当然に自分の投稿記事はあります
しかし脇にあるPCで見ると投稿者が削除となっていて記事は消されています これは何でもないのでしょうか


投稿したPCではこのとおりです↓
suihanmuzai (3 週前)
私は学会幹部・吉村支部長検事の職務犯罪に拠り投獄されました
でっち上げに至る学会ルートも特定されています。
??
創価学会ルートで投獄 検索すると私のhp司法の崩壊が出ます 書証を挙げて主張しています。

http://www.youtube.com/watch?v=-_goFmsO7oI&feature=related
Re: 変な現象
実は、私も下記の記事で、田中真紀子さんが「サンデープロジェクト」で、司法批判をしていたYou Tube の投稿にリンクを貼っていたのですが、その投稿が削除されていました。
たまたま見つけた「阿修羅」の投稿で、削除されていたことを知ったのですが・・・・
テレビ朝日の要請を受けて削除されたようなのですが、きっと司法関係者の圧力がかかったのではないかと思っています。
言論の自由が脅かされていることは事実でしょうね。

「サンプロ出演の田中真紀子氏 司法の本質をずばり!」
http://trial17.blog40.fc2.com/blog-entry-58.html

遂犯無罪さんの投稿も、本人には削除されたことを気がつかれないように何か細工された可能性があるかもしれませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング