FX手数料

不可解な原発爆発事故の説明

03/14
大地震と想像を絶する大津波が、東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらしました。
大自然の脅威に、人間は無力であることを実感しています。
風光明媚な海岸線を飲み込み、一瞬にして多くの命を奪い、たくさんの人びとが暮らしていた町を壊滅状態にした津波の破壊力には、ただただ驚くばかりです。


私も、安否不明な知人や親戚がおり、心配しております。
一人でも多くの方が救出されますことをお祈りしています。


ご心配をお掛けしましたが、私は無事でおります。
物が落ちて壊れるなどしましたが、比較的被害が少なかったようです。


福島では、地震や津波で多くの犠牲者や被害が生じましたが、さらに追い討ちをかけるように福島第一原発で相次ぐ爆発事故があり、不安を募らせています。
政府や原子力安全保安院の説明を聞いていると、回りくどくて、結局、何を言いたいのか、さっぱり分かりません。肝心なところが、しっかり説明されていません。
東京電力が、計画停電をするの・しないので報道が振り回されていますが、もしかしたら原発爆発の報道を避けるために仕組くんだんじゃないかって、勘ぐってしまいます。


 政府や東京電力は、重大事故の正確なデータを公表せず、被害を過小に伝えているようでなりません。
この間にも、被曝による被害は拡大しているのではないかと危惧されます。
政府の発表を信用せず、自分自身で、放射能漏れから身を守る必要があります。


ちょっと古い情報からですが、まさに、このことを専門家も指摘しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「原子力事故が起こったら 市民の防災ノート・伊那谷版」http://www.lohasworld.jp/yomimono/atomdez2.htmlからの抜粋です。(文章の順番が前後します。)

事故の際に政府の発表する公式見解は、あてにできない。
一般に、政府や行政機関は、私たち個人の、健康や“いのち”を守ることより、秩序や統制を守ることに目が向くようです。
政府発表の「安全宣言」も,あてにはなりません。
私たちが自らの“いのち”を守るためには、公式発表をうのみにせずに、自分で正しく判断する必要があると思います。
また、みずから情報を集めることも事故の際にはとても大切なことです。


チェルノブイリ、スリーマイル島の事故の共通点として、迅速かつ正確な情報が行政側から得られずに、地元の住民たちが多量の放射能を浴びたことがあげられます。
チェルノブイリ周辺では、最近になって白血病やガンで死ぬ人や、子供たちの甲状腺異常が急速に増えているそうです。
チェルノブイリやスリーマイル島の事故もそうですし、1991年の美浜2号機や、もんじゅの事故でも、公の機関は事故を秘密にし、過小評価することが傾向として現れています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「放射能汚染と被曝 小出 裕章 <本稿は「技術と人間」1999年12月号に掲載された.>」http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/jco/kid9912.htmlからの抜粋です。
(1999年のJCO燃料加工工場での臨界事故に関してです。)


Ⅳ.国の姿と不可能な原子力防災
依らしむべし知らしむべからず
 今回の事故に対して国がとった対応をみると、国というものの本質を見る思いがする。国はもともと住民を守る気などさらさらないということである。すでに述べたように、原子力の安全規制を一手に握ってきた国は、今回の事故に当たって、何の対応もとらなかった。やむなく、東海村が三五〇メートル圏内住民の避難要請、茨城県が一〇キロメートル圏内住民の屋内退避要請を出すが、なぜそうした措置が必要だったかの根拠は示されなかった。また、それらの要請は翌々日、翌日にそれぞれ解除されるが、そのときにもまた根拠は示されなかった。そのうえ、これもすでに述べたように、国はヨウ素による汚染を知りながら、一切の情報を公開しなかった。さらに、一〇月二日には農作物に関する「安全宣言」を出すが、これまた根拠は示されなかった。

 また、中性子線の測定が始まり、臨界が継続していることが認識された九月三〇日夜には、避難範囲を三五〇メートルからせめて五〇〇メートルに拡大する必要があることも、緊急助言者組織内で議論されるが、そうした措置をとれば混乱が起きるとの理由で、見送られた。さらに、住民が避難した舟石川コミュニティーセンターがJCOからの風下に当たり、放射性雲に巻き込まれたことも認識され、住民を別の場所に避難させることも議論されたが、それもまた見送られる。

もともと不可能な原子力防災
 表1(省略します。詳しくは、上記のサイトをご覧ください。)にJCO事故に関連した行政当局の対応を一覧表にして示す。事故発生四〇分後にはJCOから科技庁に連絡が行っているが、科技庁の災害対策本部、政府の事故対策本部が作られたのは、それぞれ事故後四時間、四時間半経ってからであった。さらに安全委員会の中に専門家集団として緊急助言者組織を作ると決まるまでにはさらに時間がかかって、事故後五時間であった。おまけに、これらの組織が会合を開くまでにはさらにまた時間がかかり、緊急助言者組織の初会合が開かれたのは、事故後七時間半経ってからであった。その間、何の術もないまま放射線と放射能が労働者、住民を襲っていた。

日本の原子力発電所が立地するにあたっては、安全審査を受けることになっている。その安全審査では、「重大事故」、「仮想事故」と呼ばれる事故が起きると仮定し、周辺の被曝線量が評価される。しかし、それらの事故は、いかにも最大限の事故であるかのように装われながら、実際には、炉心溶融は決して起きない事故でしかない。従来、炉心溶融が起こるような事故は、「想定不適当事故」という烙印を押されて、無視されてきたのであったが、そうした事故が起きないと断言できるわけではなく、最近になってようやく「シビア・アクシンデト」と言葉を換えて呼ばれるようになり、それへの対策を取ることが求められるようになった。仮に、そうした事故が発生するのであれば、環境への放射能放出は事故発生二時間後から三〇分の間に起こる。

原子炉とはもともと臨界状態を発生させるための装置であり、核分裂反応で生じる中性子線やガンマ線に対する防護措置を前提としている。一方、今回の事故は、JCOという燃料加工工場で起きた事故であり、もともと臨界状態wp想定していない場所での事故であった。そのため、労働者と住民の被曝の大部分は、反応で直接生じる中性子線とガンマ線によって引き起こされた。しかし、放射能(核分裂生成物)による被曝がなかったわけではない。ただ、燃料加工工場での臨界事故という性質上、今回のJCO事故で燃えたウランの量は、一ミリグラム程度でしかなかった。広島原爆で燃えたウランの量は七五〇グラムであり、それにくらべれば約一〇〇万分の一でしかない。ところが、今日では標準的になった一〇〇万キロワットの原子力発電所では、一年間に一〇〇〇キログラムのウランを燃やす。JCO事故に比べれば一〇億倍である。仮に、その九九%の閉じこめに成功したとしても、JCO事故の一〇〇〇万倍の放射能が環境に放出される。その原子力発電所で事故が起きてなお、住民が被曝から守られるなどと言うのであれば、もはやそれは信仰という以外にない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「原子力事故が起こったら 市民の防災ノート・伊那谷版」http://www.lohasworld.jp/yomimono/atomdez2.htmlからの抜粋です。(文章の順番が前後します。)

万一に備えて、自分たちの防災マニュアルを持つことが必要 
放射能に対する正しい知識を身につけることが、災害のときのみならず、普段の生活において放射能を防ぐためにも大切なことです。
放射能災害では、大量の放射能が細かなちり状になって空気に混じり降ってきます。
目に見えず、においも無い放射能の災害は実感が伴わないので過剰かと思うくらいの対策を持つべきです。
5年後10年後にガンになったりする前に、できるだけの努力はしてみましょう。

放射能による被害は6~10シーベルトで死亡、1シーベルト以上で放射線傷害、0.1シーベルト以上だと高いガンの可能性があり、0.01シーベルト以上なら将来的にガンが発生しやすくなるというのが大まかな目安です。 
原発から環境に放出された放射能は人々の肺に吸い込まれたり、地面に沈着して作物に取り込まれ、食物とともに体内に取り込まれたりします。
地面の放射能からは直接ガンマ線を被爆し、体内の放射能からはα線、β線、γ線すべてを被爆することになります。
短期的には半減期の短い放射能、特に甲状腺に集まって集中的にβ線とγ線を浴びせるヨウ素131、長期的には筋肉に取り込まれるセシウム134と137、灰の粘膜に付着して猛烈なα線を浴びせるプルトニウム、骨に沈着してなかなか排出されないストロンチウム90などが、深刻な影響を与える放射能です。
最初の数日間は揮発性のヨウ素の影響を少なくすることを、最重要に考えていく必要があります。それには、ヨウ素剤の服用が有効です。


原発事故が起きると、真っ先に放射性ヨウ素が飛んできます。子供たちが甲状腺に多量の放射性ヨウ素を取り込む前に、ヨウ素剤を、と私たちは言ってきました。ところがなかなか薬局でもヨウ素剤が手に入りにくくなってきています。8月号の「食品と暮らしの安全」に、ヨウ素を昆布で摂る場合の目安が載っていました。

[「食品と暮らしの安全」によりますと、事故が起こったらすぐに昆布・とろろ昆布を一日50g食べはじめ、4日目には20gに減らすそうです。子供はこの半分。備蓄量は一人500g。昆布は古くなると酸化しますので、エージレスか何かと一緒に密封して保管しておきます。]

  
   この部分ですが、『食品と暮らしの安全』 
   中戸川様よりコメントをいただきましたので、
   次のように訂正させていただきます。
  

[トロロ昆布の量
昆布を「1日に50g」は食べすぎです。
記事は1999年に書かれたもので、チェルノブイリを上回る大事故を想定し、行政のヨウ素剤が手に入らないときの自衛策として「50gの昆布を食べよう」と提案した内容です。50gというのは、ヨウ素剤の成分量に相当します。
しかし、ヨウ素の1日摂取基準を考えると、昆布を2g程度食べただけで1日の許容上限量を超えますから、50gでは過剰摂取の害が出ると思います。
実際に大事故が起き、高濃度の放射性ヨウ素にさらされるような状況であれば別ですが、通常は50gのような極端な食べ方をせず、毎日1g程度までにしてください。
]

市民の防災マニュアル     
放射能雲はガス状のものと1000分の1mm程度の超微粒子で成り立っています。
通常の雲のように、目に見えるとは限りません。
超微粒子は触れるものすべてに付着するので、呼吸で吸い込んだ場合は肺に沈着します。
したがって、自分の住居が放射能雲の通路に当たった場合、次のような措置が必要になってきます。


1 窓を閉め、隙間を目張りして家屋を気密にする。
2 ヨウ素剤を早めに服用する。
3 放射能雲に巻き込まれているときとその後しばらくは、屋内でも何枚も重ねた
  濡れタオルをマスクにして、直接空気を吸わないようにする。電気が
  使えれば空気清浄器も有効。ただし、集塵機に放射能がたまる。
4 ありとあらゆる容器に飲料水を溜める。保存食をできるだけ多く確保する。
  放射能雲が到着したあとは井戸水や水道の水を飲まない。性能の良い
  浄水器はある程度有効だが、これも浄水器自体に放射能が蓄積する。
5 放射能雲に巻き込まれている間は外出は控える。やむを得ないときには
  雨合羽等で装備して外出する。帰宅の際は衣服を着替え脱いだものは
  屋外に廃棄する。
6 雨や雪が降っているときは特別な注意が必要。雨や雪は放射能微粒子を
  ため込むため、非常にリスクが高くなる。雨や雪のときは外出しない。

 
 にかく、政府の発表を当てにせず、自分自身で放射線から防護することが大切です。

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
そのとおり
政府は信用できないですね・・・こういうときに試されるものですが有事の際の大本営発表みたいなもので戦勝戦勝しか発表できないはずです。枝野さんの記者会見で何か信用できるような錯覚に陥っていますが「目を覚まさなくては」いけませんね。

数々の公害訴訟などで政府の無策というか企業側の論理がみえみえです。国民を守ろうとする意識は薄いのです。有事の際には人権が無視され国家の利益が優先されますね。
やはり・・
おかしいですね!! 東京電力は明日から計画停電を実施する様です。

その根拠が

 なんでもピーク値 て総電力需要が  1・■41,000,000 kW で

 発電可能電力が                31,000,000 kW  だそうです。 

 差し引き   10,000,000 kW の不足でこれを放置すると首都大停電で終始の着かない事態が生じるそうです。

本当ですかね? 

早速、検証してみましょう。 
http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/44831507.html

東京電力の火力発電が

東京電力火力発電所
川崎火力発電所    1,500,000 kW 1系統3軸 熱効率59% 2号機150万kW建設中
横浜火力発電所  3,320,000 kW 2機 2系統8軸  
南横浜火力発電所   1,150,000 kW 3機
東扇島火力発電所   2,000,000 kW 2機
品川火力発電所    1,140,000 kW 1系列3軸 コンバインドサイクル発電方式
大井火力発電所    1,050,000 kW 3機
千葉火力発電所    2,880,000 kW 2系列8軸 Advanced Combined Cycle方式
五井火力発電所    1,886,000 kW 6機 一機はガスタービン
袖ケ浦火力発電所   3,600,000 kW 4機
姉崎火力発電所    3,600,000 kW 6機
富津火力発電所    5,040,000 kW 4系統 20軸 MACC方式
鹿島火力発電所    4,400,000 kW 6機
常陸那珂火力発電所  1,000,000 kW 2機 2号機100万W稼動中?
広野火力発電所    3,800,000 kW 5機

火力現役総発電量 1 ★ 32,766,000 kW 39機 10系統 42系統

東京電力原子力発電所 は以下です。
柏崎   2 ★ 4,912,000 kW 7基(2,3,4号は定期検査中)
福島第一       
福島第二  

東京電力水力発電所 は以下です。

阿武隈川 11,700 kW 3ヶ所
信濃川 2,861,760 kW 37ヶ所
阿賀野川 35,730 kW 12ヶ所
那珂川 915,010 kW 6ヶ所
利根川 3,728,720 kW 57ヶ所
相模川   905,990 kW 13ヶ所
酒匂川 53,390 kW 10ヶ所
早川     10,600 kW 5ヶ所
富士川   148,430 kW 18ヶ所
川田川      50 kW 1ヶ所

総水力発電 3★ 8,671,380 kW 162ヶ所

協力発電所は以下です。 
鹿島共同火力 4★ 1,050,000 kW 3機 (他に1機停止中)住金伏生ガス+低硫黄重油

総計するとどう見ても 現役総発電量 は

総火力   1・ ★ 32,766,000 kW 39機 10系統 42系統
総原子力    2・ ★ 4,912,000 kW 7基
総水力   3・★ 8,671,380 kW 162ヶ所
協力   4・ ★ 1,050,000 kW 3機

東電総発電量 2・ ■ 50,029,542 kW 228ヶ所
最大電力需要が  1・ ■ 41,000,000 kW で

どうみても東京電力の発電可能総量は予想需要よりも9,000,000 kW ほど余裕が在りますよね?

なんか計算が全然合わないですよね!!

おかしいのじゃないでしょうかね。 私の計算が間違っているのでしょうかね?

まだ他に

横須賀火力発電所総   2,630,000 kW 6機 2系統 2010年4月から長期計画停止

という遊ばせている設備も在りますよね???

不思議ですね!! それとも公表されている発電所が嘘ナノでしょうかね?

まさか、原子力発電が無いと首都は停電するので「国民の皆様原発は無くす事が出来ない」と言うプロパガンダに国民を教育する為に、偽装電力逼迫を内閣や政府に経済産業省原子力安全保安院が結託して宛にならないマスコミを巻き込んで国民を愚弄している なんてことは無いでしょうね?
Re: 青野信様
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

的確なコメントをいただき、うれしく思います。
政府の詭弁に騙されず、何が真実かを見抜いていただきたいですね。

>有事の際には人権が無視され国家の利益が優先されますね。
たくさんの人が、このことに気がついて欲しいです。

Re: 遂犯無罪さん
これを拝見しますと、電力不足の根拠が何なのか、理解に苦しみますね。

> まさか、原子力発電が無いと首都は停電するので「国民の皆様原発は無くす事が出来ない」と言うプロパガンダに国民を教育する為に、偽装電力逼迫を内閣や政府に経済産業省原子力安全保安院が結託して宛にならないマスコミを巻き込んで国民を愚弄している

まさに、これが目的かもしれませんね。
だとすると、姑息な手段で、すっかりバレバレですね。
素晴らしい記事です。

 良い記事を感謝します。原発は危険と言うのは皆わかっているつもりだが、何も理解していない。
儲け本位の私企業が自分の都合の悪い情報は隠してしまいますし、国だって、都合の悪い事は隠します。

 原発のコントロールは災害時にはほとんど不可能に近い事が証明された。と言えるかもしれない。
今後、世界は、脱原発の流れが加速するかもしれません。

 核の危険を良く知る(2度の核被爆)日本がまたも、その危険性を証明しているのも皮肉な事です。
 
Re: sunspot 様
お褒めいただき、ありがとうございます。

大企業と政府の癒着という、この国の悪い構造が、このような大事故をもたらしたのではないでしょうか。
原発の危険性に対する認識が甘かったとしかいえません。

>  核の危険を良く知る(2度の核被爆)日本がまたも、その危険性を証明しているのも皮肉な事です。

過去の教訓が、まったく生かされなかったということですね。
核の技術開発に対する過信とおごりがあったのではないでしょうか。
ろーずまりーさんへ!!
まったく同感です。東電、保安院の会見には、止めてくれ!と思ったくらいでした。
結局最悪の路線を走っているかのようです。
原子力は絶対でなければならないと思いますが、絶対安全」は無いことを証明したことは皮肉です。

日米専門家の人はこの放射能漏れは数か月から一年は続くだろうといっています。

原発はインフラ輸出やら、温暖化で認識されだしていましたが、一気に崩れたと思います。

地震、津波対策の抜本的見直しや、原発の今後のあり方も再検討が必要だと思います。

Re: 荒野鷹虎さん
事故の際のリスクなどから、原発は絶対反対だと思ってますたが、まさか、それが現実になるとは予想していませんでした。
不測の事態に対する安全性の認識が足りなかったようですね。

> 日米専門家の人はこの放射能漏れは数か月から一年は続くだろうといっています。

この辺一帯は、廃墟となるんじゃないかと心配しています。
福島のほとんどの原発に不具合が生じているようですし、東京電力や政府に対する県民の不信感は高まっていますので、原発は撤退してもらうしかなさそうですね

世界的に、原発推進の動きが見直されることは、歓迎です。
トロロ昆布の量
昆布を「1日に50g」は食べすぎですので、訂正させてください。

記事は1999年に書かれたもので、チェルノブイリを上回る大事故を想定し、行政のヨウ素剤が手に入らないときの自衛策として「50gの昆布を食べよう」と提案した内容です。50gというのは、ヨウ素剤の成分量に相当します。

しかし、ヨウ素の1日摂取基準を考えると、昆布を2g程度食べただけで1日の許容上限量を超えますから、50gでは過剰摂取の害が出ると思います。

実際に大事故が起き、高濃度の放射性ヨウ素にさらされるような状況であれば別ですが、通常は50gのような極端な食べ方をせず、毎日1g程度までにしてくださいと、ご説明させていただいております。

よろしくお願い申し上げます。
Re: 食品と暮らしの安全 中戸川様
ご丁寧に訂正のコメントをいただき、ありがとうございます。
さっそく訂正させていただきました。
有益な情報提供に感謝いたします。

No title
今回犠牲になられた方々や其の御家族の皆様に対し言葉では表せない同情の念を感じています。
アメリカではhttp://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-15.htmlの記事に書かれている様にプライス-アンダーソン条令で原発を運営する電力会社の責任である原発事故の際賠償義務が最小限に抑えられていて、原発事故の損害賠償は国民の税金が使われると言う手品になっています。原発を取り扱う保険会社が存在しないのです。つまり保険業界は原発は危険過ぎると考えている訳で此のプライス-アンダーソン条令無しには米国での民間原発業界は存在出来ないと言う事です。

その他にも下記の記事は海外で原発がどの様に捉えられているか良く理解していただける例だと思います。
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-183.html
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-4.html

其れと、経済産業省と電力会社が今までの原発事故の隠蔽や代替エネルギー源開発に対してサボタージュばかりしていたと河野太郎が米大使との夕食会で話していたと言う米大使館のケーブルリークがウィキリークによって発表されているそうですから(http://www.guardian.co.uk/world/us-embassy-cables-documents/175295)彼等の罪は世界的に知られるようにもなっています。電力会社と経済産業省には責任を取ってもらわないと困りますね。
原発の無い日本を造りましょう。
Re: ejnews 様
コメント、ありがとうございます。
取り扱う保険会社がないほど危険な原発を推し進めている黒幕が、米原子力発電業界の“プロパガンダ機関”だと呼ばれているNEI原子力発電インスティテュートなのですね。
そのような業界団体の働きかけが、日本の原発推進に強い影響を与えているのでしょうね。
電力会社と政府が一体となった歪んだ政策により、危険な原発が建設されたということになりますね。

佐藤栄佐久前が、国の原子力政策に不信感をもち、プルサーマルの凍結を表明し、国の原子力政策推進に反旗を翻しました。その知事が、突然、東京地検特捜部に逮捕されましたが、これも裁判の進行と共に賄賂性が小さくなり、国策逮捕であったのではないかということが、明らかになってきています。
大地震と津波が引き金とはいえ、前知事の逮捕がなかったら、今回のような深刻な事態に至らなかったのではないかと思うと、本当に残念です。
一部の利権のために政策が歪められ、その巻き添えを食うのは国民です。

> 電力会社と経済産業省には責任を取ってもらわないと困りますね。

これに、検察も含めたいです。

貴重な情報、ありがとうございます。
No title
ご心配くださり、ありがとうございます。
被災地はもうしばらく物流が正常な状態ではいられないので、県外への避難は止むを得ない判断だと思います。
しかしながら、放射線の影響については、私はいまいち情報の真偽を判断しかねていて、どのみち仙台は福島第一原発から約100キロの所にあり、仮に仙台を離れても全国各地に原発があり、どのみちどこにも逃げ場はないので、私は覚悟を決めて仙台に残ります。
Re: フェンリル様
このまま収束するのか、最悪に事態に至るのかは予測不可能ですね。
私のところは、あまりにも近すぎると思います。
避難されている方が、早く元の生活に戻れることを願うばかりです。
放射能の長期的な影響も危惧されますので、どうか、お気をつけください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
来週もスクラップ訴訟沙汰
4日後のさいたま地裁初口弁に際して期日通知書の違法送達の事実を意見書にして提出します 早速に引用させて戴きます。

訴状受取拒否した被告が始めて支援者のブログに投稿しています。

>はじめて投稿します。
まずは、八王子の**が色々言っているみたいですが、
変な人なので相手にしていません
**の悪行は 園田洋子 でも検索できます

尚、**が原告の意味不明裁判は、3月24日 さいたま地検504 13時10分からです
見たい方は来ればいいと思います。

以上ですが 書面送達先は居住所でなく裁判所の窓口としている これは裁判所が認めたか否か 確かめる必要があります。
スクラップ訴訟の連続ですが 昨年末に控訴棄却となった刑事法廷での被告の寸借詐欺者と先日に遭遇 何と奴はありがとうと手を握ってきたのです 被告主張はただ「原告の嘘です」この一言のみ これのみで勝訴とは後ろめたかったのか やはりアホなのか この訴訟は二審裁判長がつい漏らした一審では証拠調べがされていない その二審でも事実調べがされず わが刑事裁判と同じく二審で隠蔽判決となったものです。

さて温泉と雪見酒の東北巡りで危うく帰宅難民になりかけました その帰りがけにアウトサイダーが集まる高円寺の飲み屋に寄り わが愚痴を聞いて貰おうかと・・
http://trio4.nobody.jp/keita/index.html

しかし驚いたことにこの連中(8名位)は何も知らず謀略論呼ばわりする 中の著述業の方に名刺を渡して感想メールを願ったが一週間過ぎる今もない。
また北九州信金詐欺事件のサイトも 小川氏の判決も目が離せない 今年は驚天動地の大変な幕開けになります。


来週もスクラップ訴訟沙汰
4日後のさいたま地裁初口弁に際して期日通知書の違法送達の事実を意見書にして提出します。
訴状受取拒否した被告が始めて支援者のブログに投稿しています。

まずは、八王子の○○が色々言っているみたいですが、
変な人なので相手にしていません
○○の悪行は 園田洋子 でも検索できます

>相手にしていない・・
出廷せず答弁書も出さない積もりか こうなれば擬制自白と見做され被告敗訴となるが当方の場合はそうならない。
昨年末に控訴棄却となった刑事法廷寸借詐欺事件訴訟の被告と先日に路上で遭遇した そしたら何とこいつは感謝を述べて握手を求めた 答弁書の「総ては原告の嘘八百」これのみで勝訴 控訴裁判長はつい口が滑り「一審で証拠調べがされていない」これは15年前の刑事裁判も同じで二審の隠蔽判決の悪夢が甦った。


さて温泉と雪見酒の東北巡りで危うく帰宅難民になりかけました その帰りがけにアウトサイダーが集まる高円寺の飲み屋に寄り わが愚痴を聞いて貰おうかと・・
http://trio4.nobody.jp/keita/index.html

しかし驚いたことにこの連中(8名位)は何も知らず謀略論呼ばわりする 中の著述業の方に名刺を渡して感想メールを願ったが一週間過ぎる今もない。
また北九州信金詐欺事件のサイトも 偽造戸籍謄本事件の小川氏の判決も目が離せない 今年は驚天動地の大変な幕開けになります。

※ 最近 コメント認証入力しても送れないことが何度かあります 妨害でしょうね。
来週も
4日後のさいたま地裁初口弁に際して期日通知書の違法送達の事実を意見書にして提出します。
訴状受取拒否した被告が始めて支援者のブログに投稿しています。

まずは、八王子の○○が色々言っているみたいですが、
変な人なので相手にしていません
○○の悪行は 園田洋子 でも検索できます

>相手にしていない・・
出廷せず答弁書も出さない積もりか こうなれば擬制自白と見做され被告敗訴となるが当方の場合はそうならない。
昨年末に控訴棄却となった刑事法廷寸借詐欺事件訴訟の被告と先日に路上で遭遇した そしたら何とこいつは感謝を述べて握手を求めた 答弁書の「総ては原告の嘘八百」これのみで勝訴 控訴裁判長はつい口が滑り「一審で証拠調べがされていない」これは15年前の刑事裁判も同じで二審の隠蔽判決の悪夢が甦った。


さて温泉と雪見酒の東北巡りで危うく帰宅難民になりかけました その帰りがけにアウトサイダーが集まる高円寺の飲み屋に寄り わが愚痴を聞いて貰おうかと・・
http://trio4.nobody.jp/keita/index.html

しかし驚いたことにこの連中(8名位)は何も知らず謀略論呼ばわりする 中の著述業の方に名刺を渡して感想メールを願ったが一週間過ぎる今もない。
また北九州信金詐欺事件のサイトも 偽造戸籍謄本事件の小川氏の判決も目が離せない 今年は驚天動地の大変な幕開けになります。

※ 最近 コメント認証入力しても送れないことが何度もあります。 
来週もスクラップ訴訟沙汰
4日後のさいたま地裁初口弁に際して期日通知書の違法送達の事実を意見書にして提出します。
訴状受取拒否した被告が始めて支援者のブログに投稿しています。

まずは、八王子の○○が色々言っているみたいですが、
変な人なので相手にしていません
○○の悪行は 園田洋子 でも検索できます

>相手にしていない・・
出廷せず答弁書も出さない積もりか こうなれば擬制自白と見做され被告敗訴となるが当方の場合はそうならない。
昨年末に控訴棄却となった刑事法廷寸借詐欺事件訴訟の被告と先日に路上で遭遇した そしたら何とこいつは感謝を述べて握手を求めた 答弁書の「総ては原告の嘘八百」これのみで勝訴 控訴裁判長はつい口が滑り「一審で証拠調べがされていない」これは15年前の刑事裁判も同じで二審の隠蔽判決の悪夢が甦った。


さて温泉と雪見酒の東北巡りで危うく帰宅難民になりかけました その帰りがけにアウトサイダーが集まる高円寺の飲み屋に寄り わが愚痴を聞いて貰おうかと・・
http://trio4.nobody.jp/keita/index.html

しかし驚いたことにこの連中(8名位)は何も知らず謀略論呼ばわりする 中の著述業の方に名刺を渡して感想メールを願ったが一週間過ぎる今もない。
また北九州信金詐欺事件のサイトも 偽造戸籍謄本事件の小川氏の判決も目が離せない 今年は驚天動地の大変な幕開けになります。

※ 最近 コメント認証入力して”投稿が完了しました” しかし送れないことが何度もあります。 
偽装転送
答弁書は①②にびっしりと5枚とはたまげたが 訴状が乙号証とは面食らう 法的思考もゼロの被告の本人訴訟とは書記官も大変だ
相手方弁護士とつるみ背任行為をする弁護士がいると聞くが この仲介者は書記官とか これを実証するような今日の出来事です
発信番号を消して81を使い転送してきた
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110323-1.jpg.html
tes
何度も投稿するのてすが拒否されます テストです。

狂言詐欺犯の被告の答弁書は笑えました

いま私は30万円を取られる寸前です 世の中の為に犠牲者となり裁判を受けることにした
私の裁判のテーマは今後に同種の犯罪が起こらない防止策を願うことです。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110324.jpg.html

 

S.O.S.
はじめまして。
色んな方面で、色々勉強になってます。

突然の事で、申し訳ないですが、
現在国家権力の犯罪行為の被害を受けて、訴えてる中、
想像を絶する事をあらゆるところで目撃・経験してますが、

揉み消し、隠ぺい工作で徹底的に孤立化され思うように事が動いてないです。

なにより、国家機関の一部要員の犯罪を隠ぺいする為、
裁判所で偽裁判官が判決をし、
また隠ぺいする為、裁判官、書記官、弁護士、調停委員、調査官、郵便局などが組んで総力を掛けてます。

あらゆる、沢山の法律相談、弁護士依頼をしても、
未だに一人の弁護士も名乗ってないです。

国家を相手にする弁護士はいないとか、
全部忘れて新しい人生を行くようになどの話だけで。

信じられないのは、想像を絶する組織の不正・犯罪より
それをしかるべきのところが全く機能してない、名前だけである事です。

警官に殺されそうな時もありながら
それでも諦められないのは、
真実がしりたい、
真実を闇に葬らせる事はできない、
それと、ちゃんとまっすぐ、自他に恥ずかしくない生き方をしてる裁判官、弁護士、警察、沢山の方方がいると信じてるからです。

御迷惑でなければ、
無理がない範囲で今後ともよろしくお願いします。

現在、メール、電話などは正常ではないですのでご注意・ご配慮よろしくお願いいたします。
tes
投稿できない テストです


文書送付嘱託の申立にかかる違法行為からも窺えるように裁判所と被告指定代理人は明らかに結託している。そのうえ裁判所は出廷した原告に主張をさせない、事件記録に不正な認証印を使用して送達するなど通常では考えられない違法を犯しており
http://www.geocities.jp/dangaitoyohashi/dai1jyunnbisyomenn5029gou.html

この認証印は不審だ もしかして坪井の狂言詐欺立証(時効完成まで二年)の検察証拠にされるかも・・
坪井は人探しは得意と云っていた 加害者とする学生達や 坪井が現在に訴えている訴訟(訴額320万)の被告の実家や 所在を突き止めるのに住民票不正交付請求したのではないか 坪井は無住所でありこの狂言訴訟には共犯者がいる それらしい男が傍聴していた 
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110325.jpg.html
Re: 遂犯無罪さん
何度もコメント,ありがとうございます。
投稿されたコメントは、しっかり届いていますよ。
しばらく留守にしていたので、変なコメントが投稿され、公開されないよう、「承認後、公開する」の設定しにしていたせいだと思います。

今のところ慌しいので、後で、ゆっくりコメントを読ませていただきます。
とりあえずは、お知らせまで。

大きなうねりが見えてきた
ご苦難お察しします

以前にわが闘争の活字化を約束した元週刊現代記者というのをお伝えしましたが やはり2001年以来 十数年に亘り疑い続けている”界面下”の一部かと確信に至っています。
この田中氏は実名で住所も電話番号も公開しており 最近では全国同時多発デモの仕掛け人でもあります。
http://blog.goo.ne.jp/uhi36845-002/

また10日の1万5千人高円寺デモ この近年の最大デモの主催者は前記した”素人の乱” これも仕掛け人の一部です これらの組織の中核は立場を異にするが連帯して 原則が輝く時代を目指して大きなうねりを起こしてゆきます。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/1577/
Re: 遂犯無罪さん
相変わらず精力的に法廷闘争を展開されているご様子です。
相手方の答弁書等拝見させていただきましたが、ブログでも書くような極普通の文章でも裁判所は受け入れてくれるようですね。

ご紹介の田中氏は、行動力のある方なのですね。
ブログを拝見させていただきましたが、考え方にとても共感できます。
Re: 安淳徳様
はじめましてと申し上げたいところですが、安様からは以前にもコメントいただいたことがあります。

安様が主張されていること、私も大部分において理解し、納得しています。
国家の犯罪を隠蔽したり、国策を実行するために、警察、検察、裁判所等が結託しているということは、ほぼ間違いありません。
平和ボケしている多くの日本人には信じ難いことかもしれませんが、日本は、三権分立が機能しておらず、民主国家であるとは到底認められない状況であるから、このようなことが平然と行われているといえます。

安様のブログも、ときどき拝見させていただいていました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
界面下からの蜂起は昨年10月から始まった
布川再審判決は震災から二ヶ月遅れとなりましたが 多発する近時の検察崩壊事件にいよいよ我が春かと しかし震災から中断していますが この原発事故も憲政以来の体制転覆のシンクロニシティかと 劇的な時代変革を目の当たりできるのは感動ものです。

わたしたち「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」のメンバーは、インターネットコミュニケーションサービスであるツイッター等を通じて偶然知り合った、ごく普通の市民で、別に多くのことは望んでおりません。ただ憲法で謳われている基本的人権が保障された社会で普通に人生を送りたいと考えているだけです。しかし、インターネット等で知ってしまった権力とマスコミの暗部によって、この当たり前の人権が著しく侵害される恐れが強いとなれば、さすがに黙っていることはできなくなりました。誰かが行動を起こさなければならないという強い使命感を持つに至り、以下のようなテーマに関し、広く国民の皆様に訴えかける活動を展開して参ります。

検察組織の不祥事追及と取調べの全面可視化と証拠物の開示要求
検察審査会のあり方の検証と審査過程の可視化の要求
三権分立が我が国で正常に機能しているかの検証
官房機密費問題と記者クラブメディアの問題点の追及
等々の問題。


そしてそのことに気づいた多くのネット市民がツィッターなどで呼びかけて、2010年10月の銀座デモから始まり、全国で市民デモが起きました。マスコミや検察がおかしい、と叫ぶデモですので、マスコミは報道してくれないのはわかっていました。

普通の市民が、子の手をひく父親や母親が、老若男女が、「原発はいらない」と立ち上がった15000人の高円寺市民デモを報道したのは、東京新聞だけでした。ロイター・BBC・アルジャジーラが報道するのに、日本のマスコミは市民の怒り、国民の声を報道しないのです。

そこで友人といっしょにノートパソコンとWebカメラでデモの現場を世界の人たちに見てもらおうとインターネットでライブ中継を始めたのです。
 
それまでは高校教師を辞め、のんびり「和順庭」のガーデニングや旅行のことを主に随筆に書くブログでした。ただ日々の生活を書いているうちに、そのようなマスコミのおかしいことに気づき始め、いろいろ自分で調べるようになりました。

-例えばマスコミのどういうことがおかしい、と思われましたか?

 当時、私が読んでいた朝日新聞の社説や天声人語がおかしくなってきたことです。
そして朝日新聞だけでなく、読売新聞やテレビなどのマスコミが一斉に小沢問題を追及しはじめ、それまで小沢さんを擁護していた元検察官で今は名城大学教授の郷原さんまでテレビに出なくなってきたことです。
 
 新聞によって捉え方が違い、賛成もあれば反対もあるというような本来の報道から、いつの頃からか一斉にどの新聞も同じ報道しかしなくなりました。テレビも新聞もメディアを媒体に個人攻撃の手段として使われるようになったのです。自由に社の意見が述べられるはずの社説ですら、どの社も同じことしか言わなくなりました。
 
 よくよく調べていくと、悪人とか罪人に仕立て上げられている人たちが実は無罪で、検察の調書捏造までわかってきました。小沢一郎議員や鈴木宗男議員、警察の裏金を告発した元公安部長の三井環さんをはじめとし、一般の冤罪事件についても私たちの知るところとなりました。判決を言い渡した裁判官が冤罪救済のために立ち上がった袴田事件や高知白バイ事件など、足利事件の菅谷さんだけでなく、多くの人たちが悪人というレッテルを貼られ、苦しんでいることを知りました。
http://wajuntei.dtiblog.com/


Re: 界面下からの蜂起は昨年10月から始まった
有益な情報満載のブログをご紹介いただき、ありがとうございます。
とても勉強になり共感できます。
今後も継続して、読ませていただきたいと思います。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング