国家賠償訴訟

法務省が用心棒を配備!

捏造したかどうかの鍵となる重要な証拠を隠して嘘の説明をした福島地検いわき支部のデタラメ捜査の追及については、震災でしばらく中断していましたが、福島地検やいわき支部に、再三、説明を求めても埒が明かないので、先週、法務省に電話をしました。

いわき支部のデタラメ捜査の実態を伝え、適正な捜査を要請することと、国家賠償訴訟が、裁判所と法務局の不正のもとに行われており、詐欺まがいの国の姿勢を糾すことが目的でした。
福島地検いわき支部のことでお話したいことがあると言ったところ、まずは刑事局に回されました。


そもそも、この事件は、国家賠償訴訟の被告代理人が、本来の証拠を隠し、行政職員の捏造した証拠を裁判所に提出して、裁判で虚偽の主張を展開したものです。
また、裁判所は、判決の趣旨に合致するように控訴人(私)の主張の趣旨をねじ曲げたものを判決理由にするという不正を行いました。
さらに、これら裁判官と被告の不正についての刑事告訴したところ、検察は、捏造を裏付ける証拠を隠してデタラメの処分をするという、裁判所、法務局、検察による国家ぐるみのトリプル不正が行われたものです。


ですから、それぞれ個別の問題というよりは、法務省が責任をひとまとめにて解決を図るべき問題であるにもかかわらず、刑事局は、福島地検いわき支部のことは仙台高検へ、国家賠償のことは民事局へと、勝手にあちこちに振り分けてしまいました。
とにかく、責任を分散させ、厄介なことは避けようという姿勢を強く感じました。


国家賠償訴訟については民事局に電話を回され、「担当に変わりますから、しばらくお待ちください。」と言われ、やっと担当者が出たのですが、これがとんでもない対応でした。

私  「福島の法務局が本来の証拠を隠して、捏造した証拠を提出して
    裁判で虚偽の主張をした。法務局は、そのことを認めている。
    どういうことなんだ。」

民事局 「こちらは関係ない。福島のことは福島に言ってくれ。」
私   「福島に言ってもダメだから、こちらに電話した。
     法務省が、福島の法務局を指導する立場にあるのではないのか?」

民事局 「そんな権限はない。」
     
     ・
     ・

民事局 「あれもダメ、これもダメ(裁判所の不正、法務局の不正・・・)というのなら、
     あなたが裁判官をやったらいいでしょ。」

私   「???!!」
私   「ネットで全部公表しています。
     “国家賠償”で検索すると1ページ目に表示されます。
     それだけ信頼性の高い情報だということです。
     あなたのお名前は?」

民事局 「(早口で)#$%」
私   「はっ?」
民事局 「バ、バ」

民事局のババさん(♂)は、こちらが何かひとこと言うと、機関銃のように“ドドドドドッー”と一方的に口から出まかせ、まくし立て、最後は“ハイ、さようなら”って感じでした。
まるで、電話に出るなり、相手に反論の隙を与えないように、あることないこと、のべつ幕なし、まくし立てるセールストークのようでした。


この民事局の対応で、私の怒りの導火線に火がついたことは確かです。

その後、仙台高検に電話し、いわき支部のデタラメ捜査の実態を説明し、新たな証拠、新たな被疑者とともに別な検察庁に刑事告訴しなおすことを伝えました。
(詳しくは 「不起訴であれば事件の拡大は必至です! 」

いわき支部の対応については、捜査機関である検察が、勝手に証拠を選別したりして、なぜ裁判所まがいのことをしているのか。
仮に、検察が不起訴処分にするのなら、客観的証拠に基づいて合理的な説明をしなければならないこと。その挙証責任は捜査権のある検察にあること。それができないのであれば、起訴すべきであることを、しっかり申し上げておきました。


 それにしても法務省の苦情対応、かなり手馴れている感じでした。 
公僕とはいえない、あの傲慢さ、日ごろからクレームがたくさん寄せられている様子がうかがえます。
ですから、民事局の“ババさん”ような“用心棒”を常に配備しておく必要があるのではないでしょうか。
法務行政は、かなり危機的状況にあるといえます。



banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



2コメント

しま

上から目線は許せません!

こんばんは、

「お客様」から見放されたら「一巻の終わり」だという私企業だったら、ありうべからざることです!
例外なく、サービス業の「お客様センター」は、こちらから尋ねなくても、先に名乗るでしょう。
法務省・検察なんぞ、そんなものだと思っていたので、特に驚きはしませんが、それでも、そういう「口のきき方」さえも知らないカスを、税金で食わせてるのかと思うと、腹に据えかねます。。。

ちょっと調べてみたのですけど、法務省も、検察庁も、内部に監査部門というものを持っていませんね。
つまり、自分たちが間違うことを想定していない、ちゃっかりと「性善説」に基づいた組織になっているようです。

あらま、原子力発電所とそっくりじゃないですか!

法務省・検察≒絶対に間違えない∴間違いを正す対応なんぞ知ったことではない!

原子力発電所≒絶対に安全∴事故を起こしたときの対応なんぞ知ったことではない!

原子力発電所の事故が起こるべくして起こったことと同様に、検察の不祥事も起こるべくして起こった、どちらも構造的に欠陥のある組織なのであるとしか考えられません。。。

たいへん失礼いたしました。

Edit

Re: しま様

お役所だから仕方なく利用しているようなもので、もし私企業がこのような対応をしたら、二度とそこの商品やサービスは利用しませんね。
ネットで、お役所のおバカ加減を公表するのが、せめてもの抵抗です。

> ちょっと調べてみたのですけど、法務省も、検察庁も、内部に監査部門というものを持っていませんね。
> つまり、自分たちが間違うことを想定していない、ちゃっかりと「性善説」に基づいた組織になっているようです。

そうでしたか。
強大な権力が、組織を劣化させているのでしょうね。

原発事故の件でも、様々なところから、責任や権限が曖昧だということを指摘されていますね。
検査する側と、検査される側が、いっしょになっているような・・・・
日本社会のほとんどすべてにおいて当てはまることで、癒着構造による独特の官僚機構が、国力を衰退させていると言えますね。

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去のすべての記事

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達

不思議な不正義2
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる