FX手数料

「絶望の裁判所」 あれもこれも 私のケースとまったく同じ!!

03/13
「日本は三権分立の民主国家、法治国家である。」ということを小学生のころから教育されて大人になり、たいていの人は、そのことに何の疑いを持つことなく社会生活を営んでいると思うのですが、なかには、ある時、「そうではなかったんだ?!」と気がつく人もいるはずです。
私の場合は、それが一審判決書を読み終えた瞬間でした。


日本は国民主権の法治国家であり、裁判所こそは正しい判断をしてくれるはずと信じていたからこそ提訴した国家賠償訴訟でしたが、裁判のデタラメ振りを思う存分思い知らせ、司法に対する信頼を根底から覆したのが、一審判決を誘導した高原章裁判長です。

当初は女性裁判官による単独審でした。
提出した書面の訂正か何かで裁判所に出向いた時のこと、既に提出してあった私の書面を書記官が出してきたのですが、それには、鉛筆書きの○が一文一文についており、裁判官がしっかり書面をチェックしていることが窺えました。

この裁判では、被告の主張がとにかく二転三転していましたので、被告の主張の矛盾を突くことは、けっこう痛快でしたし、第3回口頭弁論で第5準備書面を陳述した以降は、被告からは反論らしい反論はありませんでした。
被告からの反論がないことを確認した裁判官は、被告の訟務検事の方に向かって、「決まりましたね。」というような感じのことを伝えました。
その瞬間、それまで険しい表情をしていた訟務検事は、こちらを見て微笑みました。
一抹の不安をかかえながら始めた本人訴訟でしたが、実際に始まってみれば、予想以上に早い決着に拍子抜けしたほどでした。
被告国の主張にとどめを刺し 最終決戦となった私の第5準備書面!(一審・11)
労働基準監督署職員の隠蔽工作が被告国の支離滅裂な主張を誘発(一審・9)


真相糾明のために、国のほかに2人の公務員も被告に加えていたので、その後の裁判は、その三者の賠償比率を次回まで検討しておくというところで年度末になり、それまでの裁判官は異動になりました。

ほぼ決まりかけた判決だったのですが、新年度からは、3人の裁判官の合議体で行われ、判決までに、さらに1年もかかってしまうのです。
本人訴訟でしたし、仮に請求が棄却されたとしても、それなりに納得のいく判決理由でしたら控訴はしないつもりでいました。
ところが、判決書を見て愕然としました。

一審には1年9か月もかかったにもかかわらず、そのほとんどの期間を費やして審理された内容には一切触れられず、書証などの客観的証拠を完全に無視して、一審の最後の証人尋問での、それまで二転三転する主張を繰り返し、捏造した証拠まで提出した労働基準監督署職員の虚偽の証言を証拠として採用して、私の請求を退けたのです。
1年9か月も費やした審理が全くの無駄になり、しかも、証拠として最もふさわしくない証拠が採用されていることに、まったく驚きましたし、著しい憤りを感じました。


結果に納得できないだけではなく、そこに至る経緯においても不信感をもちました。

● この裁判長、事前に提出していた準備書面を、読んでいないかも?
● なぜ、二転三転する主張を繰り返していた行政職員の証言が証拠採用されるの?
  証拠採用の妥当性  ~一審の福島地方裁判所いわき支部判決~
● 私の慰謝料請求には欠くことのできない信義則の主張が、なぜ判決書に盛り込まれないの?
  事件の経緯と裁判の最大の疑問点  ~記載されなかった信義則の主張~
● 裁判資料を熟読している担当裁判官と、ろくに読んでいないと思われる裁判長、それぞれの意見の相違がハッキリ見て取れたが、裁判長の意見が押し通された判決だった。
● 証人尋問の際に、私に質問させないように裁判を誘導した裁判長。
  仕組まれた? 証人尋問

  ・・・・

 まさか裁判で、こんなことが行われるとは、まったく想像すらしていませんでした
でも、これが現実の裁判の正体だったようです。

前回ご紹介した瀬木比呂志氏の 「絶望の裁判所 (講談社現代新書) 」 を読み進めていくうちに、“あれも、これも私のケースとまったく同じ!!”やはり、こういうことは、常態的に行われていることなのだと、すんなりと納得してしまいました。

そのほかにも、司法制度改革が、本来の目的とは別に裁判官らの利権のために利用されていること、以前お伝えした当ブログの記事がいかがわしいサイトに貼り付けられたブログコピペ事件と最高裁の関係・・・、「やっぱり!!」と確信することばかりでした。
個々の事柄については、追々お伝えしたいと思います。
 

       

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私も国家賠償検討してます
労基署と国家賠償検討してます。よければ連絡取れませんか?弁護士探ししてます。愛知県で、訴える労基署は東京です。
Re: 私も国家賠償検討してます
国家賠償訴訟の国の完全勝訴率はおよそ98%です。
私の場合は、被告代理人と裁判所による不正のもとに原告敗訴とされていますので、あまりお勧めはできません。
連絡は、ブログ内にあるメールフォームからお願いします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そのうち暴動が起きますよ。こんな判決ばかりだしてれば。何様のつもりなんだろう裁判官て。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 10月7日早朝にコメントをいただいた無記名様
私の裁判を理路整然と分析していただき、ありがとうございます。
役人と思われる誹謗中傷のコメント等がある中、同調してくださるコメントに救われます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
デタラメな白子民彦(suihanmuzai)の記載で、当方(北詰淳司)に関する記事を削除してください。
当方は本物です。
正々堂々と戦い抜き!
平成21年8月5日無罪判決 (同年同月20日無罪確定。)
現在:最高裁・東京地検高裁・東京地裁等と戦っており!
且つ、これからは!!
千葉地検・千葉県警・千葉裁判所等とも戦いに入る時期です。(郵便局等も含む。)
国賠も現在係争中です。

大高正二は検察の犬である!
河野洋子は虚偽告訴した張本人である。

安順徳・竺原光江・白子民彦(suihanmuzai)・藤島利久(CNMグループ:服部順治・熊木和枝・日々坦々・山崎康彦・西岡正士)も同様に卑怯者である!!!

上記の者らは全て証拠にて公言するモノです。
そして、未だ!
掲載して無い者・現在も理不尽をしている刑事・検事・裁判官等の「卑怯者ども」も 更に 公開します。

尚 当方に関しましては下記等で確認を願います。
「未だ、膨大な事実が掲載されておりませんが!
 今後は本格的に事実の事項等の記載も再開するつもりです。」

「kitadumeさんのライブ 」(ツイキャス)
http://twitcasting.tv/kitadume/show/

「アジアシステム開発とヒラノ産業との裁判で、裁判官を罷免請求したからか!」(自作のホームページ:ホームページ ビルダー使用。)
http://www.a-kitazume.com

「アジアシステム開発とヒラノ産業との裁判で、裁判官を罷免請求したか」(ヤフーブログ。)
http://blogs.yahoo.co.jp/kitazumedoctor/folder/634683.html
「ゲストブック」
http://blogs.yahoo.co.jp/kitazumedoctor/MYBLOG/guest.html
『冤罪被害者は司法・裁判所・国選弁護人に因って作られる。裁判委員制度は要らない!必要なのは裁判監視委員制度である!! ・・・・・』

以上。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング