FX手数料

全国に蔓延する司法と行政・企業との癒着構造

01/26
不正裁判の被害にあわれた方、労災による障害で、長年行政との闘いを続けていらっしゃる方,冤罪被害で司法と闘っていらっしゃる方などから、今年に入ってから、立て続けにメールやコメントをいただいています。
これらのケースに共通して言えることは、●行政が関与する事件・事故であること、●司法と行政が一体化して被害者に不都合な状況を作り出していること、さらには、●司法や行政に迎合する業者、●勝ち目が極端に低い行政関与の案件を拒否する弁護士、●クライアントの利益より自身の今後の弁護活動に支障が無いように事件を処理する弁護士などで、これらから、この国の構造的な問題が浮かび上がってきます。


公共事業の工事で自宅を損傷された挙句、裁判でも不正をされて闘っていらっしゃるコードネーム村雨さんは、ご自分の裁判を、当ブログの 「虚構の法治国家 ~一審の裁判長も依願退官」 の記事の一部になぞらえて、次のように表現しています。

「そのほとんどの期間を費やして審理された内容には一切触れられず、書証などの客観的証拠を完全に無視し、それまで二転三転する主張を繰り返し、捏造した証拠まで提出した相手被告の○○市、○○建設の虚偽の証言を証拠として採用し、私の請求を退けたのです。」

日本全国、同じような手口で不正が行われ、実に多くの方が、先の見えない司法や行政との闘いに苦しめられているということを確信しました。まさに、瀬木比呂志氏の著書のタイトルと同じ「絶望の裁判所」に〝ふさわしい"裁判が全国で行われ、世界標準と大きく隔たっている「ニッポンの裁判」ということで、特殊化されるのです。

裁判で、証拠の無視や捏造という不正が行われたり、行政が国民の福祉のために正常に機能していない背景には、天下り等による司法や行政と企業との癒着という構造的な問題のほかに、司法や行政が、自分たちに都合よく法律を作成、解釈、適用することで、案件を恣意的に処理していることなどが挙げられます。国民の福祉より、役所や役人の利益を優先させている実態がうかがえます。

さらに、最高裁判例(最高裁昭和53年10月20日判決・民集32巻7号1367ページ)は、国が国家賠償法1条1項の責任を負うとした場合には、その責任主体は国であって、公務員個人に対して損害賠償請求をすることができないとしており、法律の解釈・適用が公務員に甘いばかりか、責任の所在を曖昧にして、誰一人として責任をとらず、真相は解明されないまま、結果として同じような事件が、日本のいたるところで 繰り返されるという状況が生じています。

国の構造的な問題や法律を、一般国民が変えることは無理ですが、不正裁判や行政の理不尽な対応などの貴重な体験をされた当事者が、「おかしいことはおかしいと。」声を上げることが大切ではないでしょうか。
当ブログは、当初、不正裁判の実態を知っていただく目的で、誰にでも理解していただけるような書き方を心掛けていましたが、表面だけサラッとお伝えしたのでは、一般受けは良くても、司法や行政を問い質すことができません。
裁判での不正や行政の瑕疵を、実名で詳細に記すことが、再発を抑止することに繋がると考えています。
前述の瀬木比呂氏の「ニッポンの裁判」では、掲載されている事件や判例について、担当の裁判官等の実名も記載されていますので、責任の所在を明確にするという観点からも、好ましいことであると考えています。


 尚、「ニッポンの裁判」で述べられている個別具体的な例と、私の裁判との共通点等については、次回以降に改めてお伝えします。

    

 追記
イスラム国による1月7日のパリ・テロ事件や日本人・人質事件について、みなさんは、どのような認識をおもちでしょうか。
既存のメディアばかり見ていたのでは、真相を知ることはできません。
こちらのサイトで、是非、マスコミの伝えない真実の情報を得てください。

新ベンチャー革命

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング