FX手数料

「裁判をしない裁判官」が意図するもの

03/30
前回は手続きの相違点に着目すると、国家権力による不正が、どこに潜んでいるかを予測できるということをお伝えしました。
手続きの相違点に限らず、一般社会の常識から外れているところには、たいがい不正が潜んでいると疑うべきです。一般的なやり方では不都合な事態が生じるので、特殊な手段をとっているといえます。
一般社会の常識から外れているある組織を、今回は考察してみたいと思います。


まずは、一般社会の常識的な例です。
たとえば学校ですが、学校には教員とは別に、事務の先生がいますよね。雑多な学校全体の事務は、その事務の先生が専門的にします。教員が生徒に授業をすることなく、事務の仕事を専属でするなんてことはありません。
同じように、大きな病院では、医療事務を専門にする人たちがいます。医者が患者の診療をまったくせずに、専任で事務を管理するなどということはありません。
資格に合った役職に就くが当然です。


ところが、専門的な資格をもっていながら、その本来の仕事をせずに、雑多な事務である庶務の仕事ばかりをしている職種があるのです。
それが最高裁事務総局の裁判官たちです。
「『裁判しない裁判官』たち」などというサブタイトルの本まで出ているほど、一般社会からは奇異に感じられます。


ウィキペディアの「最高裁事務総局」には、次のような説明があります。(一部抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最高裁判所事務総局は、日本の最高裁判所において、その庶務を掌らせるために置かれる附属機関。法律上は最高裁判所長官の監督の下、最高裁判所事務総長によって掌理される。職員数は2008年の時点で約760名である。

通常、最高裁判所事務総局の主な機能は大きく以下の6つに分類できるものと解釈されている。
最高裁判所の規則・規定の作成
法律・政令の制定に関する法務省との交渉・調整
裁判官の人事に関する機能
裁判所の予算に関する機能
全国の高等裁判所長官・地方および家庭裁判所の所長を招集し、最高裁判所事務総局からの各種通達や協議を行う『裁判官会同・協議会』の実施
海外の裁判制度に関する調査研究、各級裁判所における判決・検察や弁護人の主張・弁護士界の動向などの分析や、それに関係する資料の収集と整理

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウィキペディアのこのサイトには、このほかに、なぜか経理局長を筆頭として、歴代の局長の氏名、在任期間、退任後の主な役職の一覧表が掲載されています。
特に歴代経理局長に限っては、ほとんど全員が、退任後、最高裁長官、最高裁裁判官、高等裁判所長官の管理的役職に就任しています。
本来なら書記官や事務職員がするような仕事をしていた裁判官が、退任後、裁判所の管理的ポジションに出世しているということになります。
これは、何を意図しているでしょうか。


当ブログでは、これまで、①証拠や事実を無視したデタラメな結論付けをして原告の訴えを退ける(国家賠償)訴訟詐欺、②最高裁で実際に審理されていないにもかかわらず、一審のおよそ2倍という高額な訴訟費用を納付させている「偽装上告審」、③法外な鑑定費用等、についてお伝えしてきました。
最高裁には、常に、組織的な金銭疑惑がつきまといます。

国家ぐるみの訴訟詐欺は2本立て!!
食材偽装の陰で 重大で悪質な「偽装上告審」!!
性質の異なる2つのタイプの不正裁判
上告審は「ぼったくり審」

裁判を巡る更なる金銭疑惑 ~法外な鑑定費用~

これらを一手に管理するのが、経理局のはずです。
歴代経理局長は否が応でも上述の不正に関与することになります。退任後、管理的ポジションに就かせることで優遇し、不正の発覚を抑えこもうとしているのではないでしょうか。つまり、口止め料のようなものです。
不正に関することは書記官や事務職員に任せることはできません。(資格上)裁判所の管理的ポジションに就くことはない彼らは、自分たちの組織を守ろうということには固執しておらず、いつ何時、真実を暴露するかわかりません。彼らに不正経理を扱わせるのは危険だと判断して、代わりに裁判官に庶務を代行させているのではないでしょうか。


正直なところ、私はこれまで、管理的立場ではない裁判所書記官や、検察事務官に、何度か助けられてきました。
裁判官に対する告訴状を、「どこも引き受けないなら、うちで引き受けますよ。」と言って快く受理してくれた事務官。
上告理由書の提出期間はまだあるので、よく見直して、何かあったら追加するように言ってくれた書記官。ちなみに、その一言で二審判決書を精査したところ、裁判官らの不正を発見し、後に刑事告訴するに至りました。
さらに、厚生労働省・福島地方法務局による捏造証拠との差し替え事件では、本来の証拠の存在を認めた検察事務官と福島地方法務局の職員。
 管理的立ち場にない彼らは、以外にも正直だったり、良心的だったりするのです。というよりは、自分たちの組織の不正に彼ら自身うんざりしているのかもしれません。、
不正を 法務局が認めてしまった!!
福島地検いわき支部による意図的な証拠隠し


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング