FX手数料

不正に処理される事件の見極め方と その裏付け

10/15
このところ、しばらく政治の話題や原発事故に関することをお伝えしてきましたが、当ブログのテーマと決して無関係ではありません。
ブログのメインテーマである司法の不正を追及していくと、結局のところ、三権分立が機能していない国家の仕組み、矛盾だらけの法律体系、憲法を無視してアメリカの言いなりに物事が決まっていく政治・・・・、見せ掛けの法治国家・民主国家であることに行き着きます。
そのような前近代的な国家のシステムの中に司法の不正も位置づけられるというのが、長年ブログを続けてきて確信したことです。


司法がまともに機能し、さらにマスコミが真実の情報を伝え、権力を監視するという本来の役割を果たしているならば、近代的な国家として機能することになるのですが、この国は、その辺がまったくなっていません。
特に司法の不正に関しては、新聞やテレビ、週刊誌など既存のマスコミに情報を提供しても、なしのつぶてというのが現状のようです。司法の不正は、マスコミのタブーという風潮が感じられます。
ですから、そのような経験をされ、ネットに救いを求めた方から情報が寄せられることがしばしばあります。情報が集約されることで、不正に処理された事件に共通する特徴が見えてきます。


今回、紹介する事件は、その事件処理の仕方が、不当に不起訴処分にされた私のケースと極めて類似して、これまでの私の指摘を裏づける形になっています。

事件の詳しい経緯については省略しますが、被害者が傷害を負ったひき逃げ交通事故です。

この事件は、事故の後、加害者が現場に留まらずに走り去っており、それについては複数の目撃証言があるにもかかわらず、ひき逃げについては不起訴処分にされ、自動車運転過失傷害事件として簡易裁判所へ起訴(略式命令請求)され、罰金刑が確定しています。
ひき逃げ事件を不起訴処分にしたことについては、被害者とその関係者は納得していませんが、事実関係はともあれ、私が、この事件が不正に処理されたのではないかと直感した背景には、、検察の通知書に、不当に不起訴処分とされた私の事件との共通点があったからです。


それは、検察からの通常の文書にあるような、右上の日付の上にある「仙地特刑第○号」とか「仙地検一第○号」という番号が処分通知に記載されていないことです。この番号は、何月何日に誰宛に発送されたのもであるのかを内部で記録しておくために、順番に付けられるということです。要するに、この番号がないということは、内部の記録に残されておらず、事件の握り潰しと、検察官の責任逃れを意図しているのではないかと考えられます。
国が関与する犯罪の書面には 発行番号が付けられない!!
裁判所・法務省関係者の事件は 記録に残されていない!!
“期待通り”の不起訴処分理由告知書

さらに、私の事件との類似性を感じたのは、処分通知書が簡易書留等の記録に残る郵便ではなく、「料金後納郵便」で送られていることです。
私の法務局と厚生労働省による証拠の差し替え事件は不当に不起訴処分にされていますが、この不起訴処分理由告知書が、やはり普通郵便で送られてきました。不正に処理した裏事件簿の事件ともいえ、書面としての価値が低いためと考えられます。
このひき逃げ事件では、さらに不思議なことがあります。処分通知が検察官ではなく事務官の名前で出されています。これでは、誰が判断をしたものなのか知ることができません。


ひき逃げ事故に話しを戻しますが、この話を知ったとき、私がまず疑問に思ったことは、なぜ民間人同士の交通事故に、検察が不当に関与するのかということです。

大まかな事実関係からの推測ですが、その理由は2つ考えられます。
事件の関係者に地元の名士がいるということで、その影響が捜査機関に及んだのではないかと考えられることと、略式起訴にすることで、検察の業務が軽減されるというメリットがあったのではないかと考えられます。
ちなみに、事件に(間接的に?)かかわった検察官は、別の殺人事件でも略式起訴にしたのですが、遺族による訴因変更請求で「略式不相当」とされ、地裁での通常の裁判にされています。


 検察からの文書や手続きに不審な点があるときは、不正に処理されたのではないかということを疑うべきです。

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
moonrainbow
僕は大阪府民ですが、
平松氏が立候補断念したので、
投票する人がいない。
維新も自民党も同じことを言っている選挙。
地方とは言え、
一体、日本の政治はどうなっているの?

これで、安倍はどちらを応援をするのでしょうね。

来年の参議員選挙もこれに近いかも?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: moonrainbow 様
おっしゃるように政党の名前が違うだけで、言っていることはほとんど同じという政党がいくつもありますね!!
自民党がダメなら民主党というように、補完勢力を準備しておくことで、政権交代が起ころうが、ほとんど変わらない体制を維持できるように仕組まれているのだと思います。
これじゃ、選挙に行くきがしなくなりますね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
moonrainbow
先日も書きましたが、
受け皿がない選挙では民意が反映されないのですよね。

今、共産党が提案している「国民連合政府」構想を民主党も含めて野党が団結する時が来ていると思うのですが、
まとまらないとは共産党以外の野党の本気度が疑われしまいます。

共産党の言う「立憲主義を踏みにじり、民主主義を亡きものにする安倍政権を倒すため、民主党も、もっと現実的になるべきだ」は正論です。

次回の選挙で共産党に投票するのも選択肢ですね。
Re: moonrainbow 様
投票率が低いのも、投票したい政党や政治家がいないからだと思います。
国民の一部しか支持していない自民党の一存で、すべてが決まってしまうことは恐ろしいです。
野党それゼれの主張があったとしても、当面の大きな課題は、憲法違反の安保法の廃止とTPPの阻止ですから、とにかく、まとまって欲しいです。
でも、民主党は前例がありますので、正体を隠して「国民連合政府」に加わり、中から壊してしまうようなことがあってはなりません。
共産党の言っていることは、いつも真っ当で、おっしゃるように選択肢の一つになり得ますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
moonrainbow
昨日のニュースで、
松井大阪知事が”安倍さんと近いのは僕”だと言って、
自民党と対立していました。
一体、どちらが自民党?(笑)

反安倍の人達は誰に投票?
(と言っても安倍支持は増えてるとか???)
Re: moonrainbow 様
松井大阪知事について調べてみたら面白いことがわかりました。
父親がA級容疑者の笹川良一の側近だったようで、同じく安倍さんの祖父の岸信介もA級戦犯容疑者で、これらの人物はアメリカに協力する目的で釈放されていることから、同じ穴のムジナです。
さらに笹川良一は、チェルノブイリ原発事故のデタラメ調査も支援しています。
とにかく、どちらも売国政治家の系列であることには間違いないと思います。
安倍さんと近いというのは事実でしょうね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
moonrainbow
確かに、笹川良一は昔、陰で日本の方向を操っていましたね。

戦後、日本がアメリカの言いなる様にした結果が、
現在の日本になってしまったのですから、
未だ日本は独立が出来ない国になってしまいましたね。

それで、松井も父親からの影響で自民党議員だったのですね。
でも、彼は、橋下がいなければ何も出来ない人物です。
(知事の器ではないです)
Re: moonrainbow 様
安倍や松井など、怪しげな血統で、たいして能力のない人物ほど出世するのは、何なのでしょうね。

アメリカの属国であるなら、それをはっきり宣言すれば国民も納得するところもあるでしょうが、主権国家のふりをしているから国民は納得できないことばかりです。
そうなったのも、いつの時代にも存在する一部の売国政治家のせいでしょうね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング