FX手数料

僭越ながら沖縄県に提言させていただきます

09/20
米軍普天間飛行場の辺野古への移設を巡り、翁長雄志知事が沿岸部の埋め立て承認を取り消した処分の撤回に応じないのは違法だとして、国が知事を相手取り起こした訴訟で、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、知事の対応を「違法」と判断し、県側敗訴の判決を言い渡しました。

やはり予想通りの判決でした。
国が訴訟を起こした時点で、このような判決が出ることはわかりきっていました。
昨年10月に翁長知事が辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した後は、国と県が訴訟合戦を繰り返していましたが、今年3月、参議院選挙前だということを考慮したのか、一旦は和解に応じたものの、国は7月に再提訴していました。
和解交渉では埒が明かないと業を煮やした政府が、三権分とは名ばかりで、実質的には三権癒着関係にある裁判所に早期の決着を任せたと想像できます。
その政府の要請に、スピーディーに、そして十分に応えたのが典型的なヒラメ裁判官である多見谷寿郎裁判長ということになります。

裁判官が政府寄りの偏った判断をする背景には、もちろん下記のように内閣が裁判官の人事権を掌握しているという事情もありますが、米軍基地を巡る訴訟では、米国の言いなりになる日本の裁判所の特殊性を忘れてはなりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
裁判官任命
最高裁判所長官の任命は天皇の国事行為と定められているが,その指名を行うのは内閣である。また,長官以外の裁判官についても内閣に任命権があり,高等裁判所など下級の裁判所の裁判官は,最高裁判所が提出する指名名簿に基づいて内閣が任命する。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 裁判官任命 より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当ブログでは、これまで不正裁判の数々について具体的にお伝えしてきましたが、そのひとつに安倍政権が集団的自衛権の行使を含む安保法制が合憲とする根拠とした砂川判決が含まれます。
沖縄基地問題と同様に米軍の基地を巡る訴訟ということで、砂川判決は重要な意味があります。
今回の福岡高裁那覇支部判決について議論する前に、砂川判決が出された背景を知っておく必要があります。


おさらいになりますが、
日米安保条約に基づく刑事特別法違反で逮捕・起訴した市民7人を無罪とした一審の伊達判決を覆すため、マッカーサー駐日大使(連合国軍総司令官の甥)が、伊達判決の翌日、当時の藤山愛一郎外相と密かに会い、最高裁に跳躍上告を勧めたこと、4月22日には、田中耕太郎最高裁長官と密談し、最高裁の審理見通しなどについて情報交換していたこと、さらに、最高裁判決を下した田中耕太郎最高裁長官については、最高裁長官に就任する以前から長期にわたってアメリカ側からの周到な働きかけのもとに最高裁判決が下されていること、判決の論拠を考え出したのは、米国のジョン・B・ハワード国務長官特別補佐官であるということなどが、アメリカ政府の秘密解禁文書から明らかになっています。
砂川判決を何としても正当化したかった政府と裁判所  ~砂川判決再審請求を報道しないメディア~
砂川最高裁判決が出されるまでの背景の追及が不可欠
砂川判決を持ち出すことの愚かさ

これらが意味することは、最高裁が、主権国家としての威信も尊厳もなく、安易に米国の言いなりになる公平性・中立性を欠く司法機関であるということです。

このような日本の裁判所の実態から、沖縄県はどのような対策をとらなければならないかということが見えてきます。

ハッキリ言えることは、通常の裁判で行われるような当事者が主張する争点を争っても、まったくの無駄だということです。
当事者としての主張を展開する前に、日本の裁判所が司法判断を行うのにふさわしい機関であるかどうか、その点を明確にしなければなりません。
その証明が行われない限り、裁判所に司法判断の機会を与えてはならないということです。


沖縄基地問題と同様に、米軍基地を巡る砂川判決は、政府や裁判所に対する格好の攻撃材料となることは確かですし、当ブログでもお伝えしているとおり、そのほかの最高裁や下級裁判所の不正についても数限なく存在し、攻撃材料には事欠きません。
裁判所が公正・中立な判断ができるような信頼できる機関ではないということ、それを認識しながら裁判に訴える国の不当性を証明することが真っ先に行われなければなりません。

それでも あなたは裁判所を利用しますか?
昨年末の高浜原発 仮処分取り消し決定は 報復人事の産物か!!
辺野古移設問題で またもや法律を乱用する政府l
集団的自衛権の違憲決定請求訴訟は 違憲判決!!

民主国家・法治国家としての仮面をかぶってきた日本ですが、仮にこのようなことになれば、国際社会での国家としての威信と尊厳は失墜することになりますが、まともな民主国家・法治国家として生まれ変わるには、避けては通れないプロセスなのです。
注目度の高い沖縄基地問題であるからこそ、そこをしっかり証明すべきなのです。


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
今回の沖縄の裁判は本当にひどいものだと思います。
住民の権利を奪い取る民主主義にあるまじき判決です。政府のやり口も多見谷寿郎って下種な裁判官の名前も忘れません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: カノッチ様
県は国に従えというような、酷いものでしたね!!
それに、辺野古移設しかないと決めつけていますし、裁判官が、なぜそこまで判断できるのか大いに疑問です。
十分に審理されるべき重要な問題であるにもかかわらず、早々と判決です。
政府の意向に沿った結論ありきの裁判です。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
全ての原因は国民の見識の低さにある。
内閣に最高裁判所の裁判官の任命権がある。
ならばその内閣を選んだのは誰か?
国民です。
何故そうなったのか?
右翼の日本会議と在特会、
安倍晋三や石原慎太郎、
稲田朋美や高市、
小池百合子の支持母体が、
ヒトラーの手法をそっくり踏襲して、
罪も無い在日や外国人、
近隣諸国のバッシングと、
戦争の脅威を煽る事で、
まんまと国民の洗脳に成功したからです。

ヒトラー、わが闘争は、
ビデオにもなっており、
上下2巻を見れば、
日本の右翼と安倍晋三の手口が、
全く同じであるとわかります。
ヒトラーがバッシングしたのはユダヤ人と移民労働者。
安倍晋三の手下である右翼がバッシングしたのは、
在日と近隣諸国。
違いはそれだけで他はすべて同じ。

何故今回、裁判長が、
かくも不当な判決を下したのか?
安倍晋三が軍国主義独裁者であり、
逆らえば民主党のように翁長知事のように、
徹底的にバッシングされる。
逆に手下になれば、
多くの恩恵を受けられるからです。

誰だって、
首になるのは嫌だし、
昇給してもらえるのは嬉しいのです。

誰が安倍のような悪魔を、
首相の地位に甘んじさせているのか?
国民です。
国民を洗脳から解放し、
現実を正しく認識させ、
与党に拮抗する政党が過半数の議席を占めれば、
安倍の政治生命と、
およそありとあらゆる司法の不正に終止符を打てる。
あまり知られていませんが、
民主党政権になったからこそ、
大相撲の八百長が明るみに出た等、
自民党時代の悪事が露呈したのです。
民主党は愚かでしたが、
国民は愚かにも、
無能で無害な政党を捨て、
国民の奴隷化と戦争を狙う、
平成の悪魔、安倍晋三や、
右翼の妖婆、小池百合子を、
愚かにも選択してしまったのです。

全ての原因は、
国民の見識の低さと、
民度の低さ、
それに乗じて国民を洗脳した、
与党のバックである右翼のマインドコントロールです。
Re: motomasaong 様
まったく、おっしゃる通りですね。
弱者切り捨て、大企業優先で経済はガタガタ、憲法を無視して戦争に向かおうとしている今になっても、なお安倍政権を支持する国民がいることには驚きます。
しかし、このような愚かな国民の世論を形成しているのがアメポチのNHKをはじめとするマスコミです。
第四の権力と言われるメディアが正しい情報を伝えなければ、普段、政治について積極的に情報を得ようとしない一般大衆は簡単に洗脳されます。

民主党も、鳩山さんが首相で小澤さんがいたころの民主党は日本を刷新しようと意欲にあふれて国民から圧倒的な支持を得ていましたが、その民主党の内部に野田や前原などの自民党の補完勢力が周到に組み込まれていたために完全に乗っ取られてしまいました。それをしかけたのが、アメリカの支配下にある東京地検特捜部です。
ですから、その流れを汲む民進党は、完全に変質してしまっていますし、そこが国民から支持が得られない一番の原因でしょうね。
蓮舫さんは、よりによって悪の参謀 野田を幹事長にしていますから、今後も民進党にはまったく期待できないと思います。

米戦争屋と日本会議の利害が一致しており、それらに踊らされているのが、安倍とその取り巻きということになると思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング