FX手数料

広瀬隆氏の「私物国家」に 森友問題解決のヒントが・・・

03/31
高浜原発3,4号機の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分のついて、大阪高裁は28日、関西電力の抗告を認めて仮処分を取り消す判決をしました。
稼働中の原発を止めた全国初の司法判断は約1年で覆ったことになりますが、このほかにも2006年3月の北陸電力志賀原発2号機の金沢地裁判決、2014年5月の大飯原発3、4号機の福井地裁判決、2015年4月の関西電力高浜原発3、4号機の福井地裁の決定と、運転の差し止めを命じる判決や仮処分決定は、すべて 上級審で覆っています。
さらに30日、広島、愛媛両県の住民が四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てで、広島地裁は住民側の訴えを退けました。


東京電力福島第一原発の事故を経験しても尚、それを教訓にすることなく、裁判所が原発再稼働を容認しているのが現状です。普通に考えれば、裁判官が、原子力の持つ放射能の怖さをまったく理解していないのか、あるいは最高裁の意向を忖度してヒラメ性を発揮したのかということになりますが、実は、もっと大きな流れの中に原発再稼働の問題が位置づけられていることを認識しなければなりません。

一時期、「阿修羅」のサイトで紹介されていた、広瀬 隆氏の「私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫) 」を読んでみると、意外かもしれませんが、今もっとも注目を集めている森友学園問題が、実は、原発再稼働の問題と同じ構図ではないかということに気がつきます。
原子力発電をやめられない背景には、原子力の軍事的利権と、高い電気料金の裏に隠された経済的利権に群がる政治家、官僚、財界の闇の構造があります。つまりは、国民の税金が、一部の人たちの私腹を肥やすために湯水のごとく使われているという現状に行き着きます。
もちろん、現時点では森友学園問題の真相が解明されたわけではありませんが、次に控えている加計学園グループを巡る問題等、一連の安倍スキャンダルに目を向けると、原発を巡る問題と同様、すべては国有財産の私物化という点で一致するはずです。

第二の森友学園か!?淡路島「ウワサの土地」と安倍首相との関係 「親友」の学校法人が有利な条件で…(週刊現代)
順正学園と安倍首相が吉備国際大学でも癒着か!約30億がタダに!

「東京が壊滅する日」「原子炉時限爆弾」など何冊か読みましたが、広瀬氏の本は、広範囲に及ぶ膨大なデータと客観的事実に基づいた分析から、それぞれの関係を解明し、本質的問題に迫っているところこそが真骨頂です。
「私物国家ー日本の黒幕の系図」もまた同じような分析のもとに書かれており、読んで見ると森友問題解決のヒントが見えてきます。


内容について、『「BOOK」データベース』とAmazonのトップレビューから、紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫) – 2000/6
広瀬 隆 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
日本国民が国家から押しつけられた借金は、1人400万円、1家族1000万円超!それを生み出した原因は、歴史的人脈にあった。不良債権を生み、経済と国家を崩壊させ、ひたすら私腹を肥やすのは誰か?生ぐさい事件の数々の裏にひそむ、この国のすさまじい血脈を追跡し、暗黒事件の高度なメカニズムを解きあかした初めての記録。

《Amazon レビュー》
日本について日本人が知っておく必要がある情報の宝庫
投稿者 北極星 投稿日 2006/4/27

国家を私物化して食い荒らしている、政治家、官僚、利権で生きる財界について、その黒い鉄のトライアングルに関し、著者は丹念に掘り起こして系図を描き上げる。その中心にいるのが税金を支配している大蔵官僚であり、金融における不良債権のでたらめな処理や、ゼネコンに対しての偏った税金の投入は、国家としての政治が機能していないために、税金の無駄遣いに終わってしまった。小泉が厚生大臣時代に起こした薬害エイズ事件をはじめ、住専事件やイトマン事件は既に風化して、責任逃れに終始した小泉が殊勝になの、日本は亡国の淵に立ちすくんでいる。国民はいよいよ貧しくなる一方で、ひたすら私服を肥やす権力者たちは、複雑な血脈で結ばれて国家に寄生しているが、それをこの本はあからさまに抉り出している。著者が作った系図を眺めているだけで、日本という国家が化け物であると理解できるが、それにしても黒幕をあぶりだした著者の作業は素晴らしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森友問題では、トカゲのしっぽ切りで事件を収束させてしまうのではないかということが懸念されていますが、まさに、そのことこそが、この国の腐敗の構造の本質であって、それを的確に表現している箇所を「私物国家」の中から抜粋してみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在まで数々の事件で逮捕された人間たちは、ある意味で、この巨大な、そしてごく狭い権力構造の中で、憤死したものである。
一方で、悪い奴ほどよく眠る、のだ。
その人間たちが野放しになっていることに、逮捕された(者)たちが、幾ばくかの感情をもって然るべきである。その最大の標的は、腐敗の限りをつくす政治家たちであるはずだ。
官僚機構と実業界を支配する者の救いがたい権力意識を内部から崩すものがほとんど登場しないのであれば、日本という国には希望はない。
(中略)
私がここで明らかにしたいのは、彼らが単なる〝友人〟や単なる〝一族〟ではなく、国民の金を私物化した利権集団だということである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この腐敗の構造を断ち切らない限り、国の借金は今後も増え続け、そのしわ寄せが国民ひとりひとりに重くのしかかることになります。
森友問題では、不正な土地取引が表面化した辺りから、「応援してくれていたと思っていた方々が手のひらを返すように離れていくのを目のあたりにした」ということを籠池氏が証言しています。仮に無関係であれば、手のひらを返す必要はありません。籠池氏一人の問題ではなく、政官財のすべての関係者を糾弾しない限り、同じような人物による同じような事件が今後も繰り返されることになります。
今こそ、捜査機関や司法機関は徹底的に不正を暴きだし、腐敗の構造に切り込まなければ、その存在価値はありません。


 

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング