政治と司法

財務省だけではない!!裁判でも重要箇所の削除は行われている!!

佐川氏の証人喚問、半分拝見しましたが、政府と証言内容をよく擦り合わせたうえでのシナリオ通りの発言のように感じられました。肝心なところになると刑事訴追の恐れがあるということで証言を拒み、せっかく証人として国会に呼んでも、ほとんど意味がありません。

前回は、森友問題と不正裁判の共通性ということで、文書の改ざん・差し替えは、財務省だけがやっているわけではなく、裁判においても、文書の捏造・差し替えは、国家賠償訴訟における国の代理人によっても行われているということをお伝えしました。
財務省だけではない!!厚生労働省・法務省でも文書の捏造 差し替えは行われている!!
国の代理人を務める法務省と担当の省庁のほかに、国家賠償訴訟にかかわる国のもうひとつの機関といえば、当然のことながら裁判所です。
国の代理人が証拠文書の捏造・差し替えを行う一方で、裁判所は国側に不利になるような原告側の主張を削除することで、事実を捻じ曲げ、国側勝訴に導くデタラメな判決を行っています。
森友問題では、政治家や安倍昭恵氏の関与の記述を全面的に削除することで、土地取引の決済までの過程を曖昧にし、それにより、国会で無駄な審議がされたことは明らかになっています。
私の裁判では、国家賠償訴訟をしているにもかかわらず、行政の関与の記述を完全に削除して、それを基に結論付けています。しかも、裁判での主張を要約してある判決書の「事実」のところでは、国の関与が書かれているにもかかわらず、判決理由のところでは、国の関与を削除しています。「しかしながら」という接続詞を不自然に使うことで、そのことを気づかれ難くする小細工までしています。そのほかにも信義則の主張や原告適格など判決書に盛りこまれなかった重要な項目がたくさんあります。

事件の経緯と裁判の最大の疑問点  ~記載されなかった信義則の主張~
信義則の主張について記載されなかったこと、これも一種の虚偽公文書作成?
仙台高等裁判所の虚偽の文書作成の手口  ~その1~
仙台高等裁判所の虚偽の文書作成の手口 ~その2~
告訴状 ~裁判官を刑事告訴し、立件されました。~

被告代理人が捏造証拠を提出するのも重大な犯罪行為ですが、裁判所がそれと同等以上に悪質なのは、国家賠償訴訟等の行政が関与する裁判においては、訴訟費用を徴収しておきながら、意図的にはじめに結論ありきの不正裁判をしている点です。
つまり、公正な裁判をするつもりがないのに訴訟費用をだまし取っているわけですから、まぎれもなく詐欺に該当します。
そうはいっても、一審、二審では実際に裁判が行われますし、デタラメな結論付けでも個別の事件ごとの判決書が作成されますが、極めて悪質なのは上告事件を扱う最高裁です。
上告事件の大半を占める上告却下・不受理とされた事件では、実際には最高裁で審理がされていないにもかかわらず、一審のおよそ2倍という高額な訴訟費用を騙し取っていると考えられます。これは、国家賠償訴訟に限らず、一般的な裁判についてもいえることで、最高裁の不当に得た収入“不労所得”の大部分を占めていると推測されます。

国を詐欺罪で告訴しました!!  ~国家賠償詐欺~
上告不受理・上告却下は偽装裁判!!
食材偽装の陰で 重大で悪質な「偽装上告審」!!
「偽装上告審」の見分け方!!
『まやかしの国家賠償制度』を証言してくれた救世主 瀬木比呂志氏の「絶望の裁判所」

裁判所には、なぜかカネにまつわる問題が付きまといます。
以前、当ブログでも紹介した村雨さんは、裁判所選任鑑定人に法外な鑑定費用を請求されています。
精度の悪い写真を比較しただけの、どう見ても専門性の欠片も感じられないような鑑定に、140万円という高額な鑑定費用を支払わせられています。

裁判所選任鑑定人による詐欺まがいの鑑定!!
利害が一致する裁判所と鑑定人 ~泥縄式知識の限界~
こちらが村雨さんのブログです。
不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達
訴訟費用、鑑定料についても、今後、十分検証されなければなりません。
不正裁判と裁判詐欺については、数年前に、それを問い質す文書を仙台高裁に送り、回答を何度か催促していますが、なしのつぶてです。


さて、森友問題に戻りますが、森友問題では官僚の忖度(官邸や官僚の指示)があったかもしれないが、カネは動いていないということが言われています。
確かに、政治家が官僚にお金を支払って文書を改ざんしてもらったわけではありませんし、安く土地を売ったところで得をするのは籠池氏だけに思われます。国会で虚偽答弁をした佐川氏は、その後、国税庁長官に、昭恵夫人づき谷査恵子氏はイタリア大使館にそれぞれ栄転したことは、政権からのご褒美だということはさておき、特に注目すべきは、軍国小学校を建設することが、政権を傀儡化しコントロールしている日本会議にとっても大きなメリットになる点です。現政権の思惑が森友事件として顕在化したと捉えるべきで、日本の軍国化に影響を与えることが目的だったのではないかとことは容易に想像できます。これは平和憲法を支持する多くの国民にとっては重大問題です。


さて、裁判の場合は、訴訟詐欺をすることで誰が得をするのでしょうか。
不正をしてまで国を勝訴される目的は何なのか、それを解明することは、似非民主国家・似非法治国家であるという根幹的な問題を解決する鍵になると考えます。


banner_03.gif

関連記事
スポンサーサイト

15コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit
T_Ohtaguro

>不正をしてまで国を勝訴される目的は何なのか、

一 不当利得。
二 責任回避。

憲法上における国民との合意に由らず、濫りに権力を用いて、人に義務のないことを行わせ、もって、不当に利を得ること。

上記行為は、刑法 第二編 第二十五章 第百九十三条に掲げる「公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、」に該当し、「二年以下の懲役又は禁錮」が定められ、国家公務員法 第一章 第二節 第一款 第三十八条に掲げる「禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまで」の間、官職に就く能力を有しない。

よって、禁錮以上の刑に処せられることを妨げる目的で、公訴を提起しない。

Edit

前回と同じ料金計器使用の書留郵便としていたが、今回は違法送達疑惑から受取拒否で返戻された外務省は、追跡結果が出ない普通郵便の料金計器スタンプで送ったきた、 これは裁判所の郵便法違反事件から、攪乱目的に謀った訴訟提起への妨害工作である。

陰謀思考でない証拠の一つとして、外務省発は書留郵便で送達する、しかし今回は偽装した発信局からの発送が、見破られて再度の送達は普通郵便を使用した、また発送ルート検索でも往路復路が異なる表示がされている。
景表法違反・郵便法違反の外務省の書留送達郵便
http://suihanmuzai.com/index6/180327.jpg.html

三次小川達夫訴訟の訴状 二件の保険金殺人事件疑惑に反訴せよ
http://suihanmuzai.com/index6/180324.jpg.html

Edit
ろーずまりー

Re: T_Ohtaguro  さま

国家賠償等にかかわったほとんどの裁判官は、職務を行う資格がないということになりますね。
それにしても、その不当利得を何に使っているのでしょうか?
裁判所の会計は独立して行われていると聞いたことがありますが・・・・。


Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit
荒野鷹虎

ろーずまりーさんへ!!

今日はコメントをいただき有難う御座います。☆
1番の問題は司法研修所で勉強し裁判官になるには比較的真面目な(政府より)人を(法務省が絡み)最高裁人事局が決めることです。判事補に任官した裁判官は官舎は独立し治外法権となり、(検事や時には弁護士)と裏取引がしやすく出来上がっています。国家賠償は勝訴する可能性はゼロに近いわけです。不当な訴訟費用は警察が罰金等を幹部の転勤等の費用に使っているように、裁判官の餞別等に使用されていると言われています。

森友の土地は航路の真下で一般的に立派なマンションや学校を建てるには人気が無い場所ともいわれ、あまり土地の価値は無いとも言われています。只森友疑惑とは別の角度から見なければなりません。安倍昭恵が間違いなく軍国主義を実現する学校の名誉校長になったのは安倍総理の意向です。日本会議や神道連盟の憲法改正派の目論見でしょう。佐川は麻生の手下であり、安倍の管理外です。大阪万国博を麻生の福岡に決めていたのを安倍が勝ってに大阪に決めたことにより決定的に不仲に成っています。安倍は特に官僚支配を戦後から行った張本人ですから、佐川を犠牲にして森友問題にケリをつけたいのでしょうね。喝)加計問題はさらに汚い関係で野党の真相解明がなされて始めて決着がつくでしょう。特捜部にもアサヒにリークした様な反安倍検事がいますので油断は出来ないのです。金正恩に足元を見られていることも焦りを呼んでいます。トランプになきつくより他には無いでしょうが、国益が大幅に損害します。喝)いうことを聞か無ければCIAに睨まれますので臆病な狡猾な保身妖怪は切羽詰ったというより無いでしょう。

Edit
ろーずまりー

Re: 荒野鷹虎 さん

鷹虎さん、詳しく解説していただき、ありがとうございます。
鷹虎さんは、いつも正論をおっしゃおますね!!
納得いたします。

やはり、裁判所の不当所得は裏金でしたか。
以前、検察の裏金を告発しようとした三井環氏が、告発直前に事件といえないような事件で不当に逮捕されていますね!!
組織を護るために何でもするという感じですね。
裁判所の場合は、選別・交遊費ぐらいでは使いきれないほどの大金が裏金となっていると思われますが・・・。

昭恵夫人は日本会議には所属していませんから、やはり安倍の意向でしょうね。
麻生との仲たがいの原因は万国博でしたか!!
佐川氏でケリをつけれるほど、国民はバカじゃありません。
仮に森友が下火になったとしても次が控えていますし、海外からも四面楚歌ですから、政権崩壊も時間の問題でしょうか。

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit
荒野鷹虎

訂正

万博とあるは、大阪の開催はG20首脳会議、19年6月28~29日に 財務相会議は福岡市で した。謹んで修正いたします。汗)

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
過去のすべての記事

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達

不思議な不正義2
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる