新型コロナ

ワクチン接種を受けることが当然のような風潮に警戒すべき!!

このところ急に増えてきたのが、ワクチン接種を巡る報道です。
ワクチンの調達から、接種を受ける人の順番、接種会場でのシュミレーション、マイナンバーで管理するとか・・・・、国民全員がワクチン接種を受けることが当然であるかのような風潮が作られつつあります。
国民に選択の余地を与えないような流れを危惧しています。


日本政府は、ファイザーから約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受けることを正式に契約していますし、このほか、米モデルナからmRNAワクチン5000万回分(2500万人分)、英アストラゼネカからウイルスベクターワクチン1億2000万回分(6000万人分)の供給を受ける契約を結んでいます。アストラゼネカのワクチンについては、日本国内で製造することも伝えられています。
この調子で行けば、これらのワクチンだけで、日本の国民全員分がまかなえてしまえそうな感じです。


これらのワクチンは、従来型のワクチンとは異なり、遺伝子工学によって作られたまったく新しいタイプのワクチンであることは前回の記事でもお伝えしています。
コロナワクチンを接種する前に 是非 読んでおきたい本

ファイザーやモデルナのワクチンは、ウイルスの遺伝子の設計図であるmRNAを直接細胞に送り込み、体内で増やすことで免疫系を刺激しようというメカニズムです。アストラゼネカのウイルスベクターワクチンは、コロナ遺伝子の一部の設計図を、アデノウイルスに組み込んで、それを体内に入れて増やします。遺伝子の設計図を、直接かウイルスに組み込むかの違いはありますが、体内の細胞を使ってコロナウイルスの成分を作り出すという点では同じメカニズムです。
本来なら遠い未来のワクチンのはずが、コロナの感染拡大で急ピッチで開発が進められ、数年後、どのような副反応が起きるかなどの長期的な影響については、まったく分かっていません。
一方で、接種直後の副反応については徐々に分かってきており、発熱や頭痛などの一時的な症状から下記のサイトのように接種後に死亡したという例まで報告されています。

【速報】ファイザーワクチン接種開始後、ジブラルタルで53人死亡 「虐殺」との声も上がる事態に、因果関係は?

そのような不明な点が多いワクチンであるにもかかわらず使用しなければならない背景には、欧米などでコロナの大流行により多くの人が亡くなっていることがあります。
日本のような比較的死亡者の少ない国で、危険を冒してまでワクチン接種をする必要があるのかは、かなり疑問です。
医療が逼迫しているなどの一部の地域ならともかく、まったく感染者が出ていない地域もたくさんあります。


加えて、ワクチンに期待しすぎる背景には、「ワクチンの有効性が95%」などといわれる数値の独り歩きが影響しているのではないでしょうか。
これを聞けば、「ワクチン接種を受けた人の95%はコロナに感染しないのか!」というイメージを持ち、「だったら接種しなければ。」となると思いますが、それが違うのです。
この「有効性95%」とは、一般の人が抱いているイメージとはだいぶ違います。


ワクチン投与群と偽薬(プラセボ)投与群に分けて、その「リスク比」が0,05、つまり95%減ったということだそうです。
その「リスク比」について少し説明する必要があります。
前回の記事で紹介した「新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実」で分かりやすく説明されていますが、同じ資料が下記のサイトにもあります。

新型コロナワクチンが「90%の有効性」ってどういうこと?

90%の有効性

この資料では、わかりやすく有効性90%の例が示されています。
ワクチン投与群と偽薬(プラセボ)投与群のそれぞれで、ワクチン接種の有無以外は同じ条件で、普通に生活してもらって、自然に感染する人がどれだけいるかを見るということです。
コロナウイルスは春先のスギ花粉と違い、常に身の回りの大気中に漂っているわけではないため、どちらの群にも新型コロナに感染する機会がなかった人が相当数含まれることになります。その上で、それぞれの群にどれだけ感染者が出たかを比較するのです。
上の図をご覧いただければ分かりますが、それぞれの群の黒色で示されている感染した人の比率が「リスク比」になるのです。
図のように、ワクチン接種を受けていなくても感染しない人はたくさんいますし、逆にワクチン接種を受けても、わずかですが感染する人もいます。集団としての母数が多ければ、当然のことながらワクチン接種をしても感染する人の数も多くなります。
ですから、「90%の有効性」の正しい意味を知ると、「なんだ、その程度のものか!」ということになってしまうのです。
となると、コロナの感染者がまったく出ていない地域などは、コロナのウイルス自体が存在しないわけですから、接種のリスクを考えれば、それほど必要とはいえないのです。
また接種しても感染する人がいるのですから、やはりマスク、手洗い、三密を避けるなどの基本的な対策は必要となるのです。


イスラエルでは、人口のおよそ3割にあたる270万人が1回目のファイザーのワクチン接種を終え、このうちおよそ140万人は2回目の接種を終えています。その結果、2回目の接種を終えた12万8600人について、2回目の接種から1週間以上経過したあとの状況を調べたところ、検査で陽性反応が出た人は20人、割合にして0.01%だったということです。
これを聞けば、ワクチンの効果は凄いと思う人がたくさん出てくると思いますが、果たして、そうなのでしょうか?
イスラエルでは、3度目となる厳しい外出制限が今月末まで出されているということですし、ワクチン接種を受けるくらいの人は元々体調に問題なく元気だったと考えれば、当然の結果ともいえるのです。


政府が前のめりになっているmRNAワクチン、ウイルスベクターワクチンだけが、ワクチンのすべてではありません。
従来型のワクチンの開発も進められています。
下記のサイトに、ワクチンの種類と開発の進捗状況が表示されていますので、それらを参考にひとりひとりが賢い選択をされることをお勧めします。

https://answers.ten-navi.com/pharmanews/20139/


  

banner_03.gif


関連記事
スポンサーサイト



19コメント

こんばんは

従来より実績のある不活化ワクチンタイプが
ベストなのでしょう。
開発には時間のかかるタイプですが、時間を
かけてでも開発するべきですね。
間違っても中国のワクチン外交に乗らないこと
が肝要。
感染症対策の基本で当面を乗り切るしか無いと
思っています。

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

受容体 【ACE2タンパク質】

【傾向と対策】
 ACE2タンパク質の量に比例して感染確率は上昇する傾向にある。
 ウイルスの量に比例して感染確率は上昇する傾向にある。

【ワクチン接種】
 少量のウイルスを、受容体の少ない部位に注入することに由り、膜融合成立確率を低下させる。

【ワクチン〔ウイルス少量〕接種の要点】
 少量のウイルスを、受容体の少ない部位に注入すること。
 接種方法〔少量を受容体の少ない部位に〕が要点であって、ワクチン〔ウイルス〕開発を必要としないことが導き出される。

【不活性化と抗体】
 不活性化の実質は、Sタンパク質〔融合タンパク質〕とACE2受容体との結合阻却である。
 故に、開発すべきは、結合を阻却する物質〔抗体〕であって、ワクチンではない。

Edit
ろーずまりー

Re: 受容体 【ACE2タンパク質】

難しい問題ですが、免疫系を刺激して抗体を増やす方法ではなく、抗体そのものを体内に入れればよいという考えでしょうか。


Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit

抗体 【受容体のスパイクたんぱく質結合部位+親水基】

【同一律】
 抗体の構造の一部〔スパイクたんばく質との結合部分〕については、同一律に拠り、受容体のスパイクたんぱく質結合部位の分子構造を採用することに由り、スパイクたんばく質との結合について、同一の分子構造を有する受容体と抗体は、スパイクたんばく質に対して、同等の結合力を有することが予見可能である。

【親油基と親水基〔矛盾律と排中律〕】
 受容体の細胞膜〔脂〕と結合している部分は、親油基であることが予見可能であり、親水基に置き換えることに由り、膜融合の成立を阻却し得ることが予見可能であると思料する。

Edit
ろーずまりー

Re: ichan さん

従来型のワクチンが安全で安心であっても、緊急事態ということもあり、製造が簡単でコストがあまりかからず量産できるRNAワクチン、ウイルスベクターワクチン優先されたのでしょうね。

Edit
ろーずまりー

Re: 抗体 【受容体のスパイクたんぱく質結合部位+親水基】

受容体の細胞膜〔脂〕と結合している部分は親油基で、その部分を親水基に置き換えるということは、体内で化学反応をさせるか、界面活性剤のようなもので親油基を取り囲むということも考えられでしょうかね?

Edit

お茶でコロナが消える? 【界面活性作用】

「お茶でコロナが消える」奈良県立医大論文の中身
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/79248

>「お茶に含まれるカテキンの効果です。コロナの表面には、細胞に侵入する際に使うトゲ(スパイク)が付いており、カテキンはこのスパイクに付着して感染力を奪うのです。この事実は、インドのERA大学の実験でも明らかになっています」
___

 カテキンでも不活性化する。
 手洗い、マスク、うがいにより、ウイルスを減らした後、お茶で不活性化したウイルスを胃に流し込むことで、ワクチン接種と同等の結果を生じる可能性がある。

Edit
ろーずまりー

Re: お茶でコロナが消える? 【界面活性作用】

緑茶が風邪予防に良いということは、かなり前から言われていましたが、カテキンの界面活性作用にその秘密があったのですね。
これからは、コーヒーよりお茶を積極的に飲もうと思います。

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去のすべての記事

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧

理不尽な所業に対峙した人生を此処に残して  旅立ちます。

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達

自己負担0円でリフォーム出来るんです!

不思議な不正義2
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる